一兎どころか二兎逃した 阪神ドラフト前夜のドタバタ劇

公開日: 更新日:

 阪神は今年のドラフト会議で大瀬良大地(九共大)を1位指名。3球団の競合の末、広島に奪われた。外れ1位で岩貞祐太(横浜商大)の獲得に成功したものの、舞台裏ではドタバタもあったという。

 チーム周辺からは、「阪神は、一度は大瀬良を1位指名することで一本化されたが、直前になって意見が分かれた」という声が漏れ伝わってきた。
 和田監督ら現場は、即戦力投手を希望していた。早い段階でスポーツマスコミも「1位は大瀬良」と報じていた。

 大瀬良でスンナリいくのかと思ったら、ドラフト前夜、一部から強硬に「森友哉(大阪桐蔭)を1位で指名すべき」という声が上がったそうだ。
 森といえば高校ナンバーワン捕手。素材は一級品だし、今の阪神に不動の正捕手は不在。しかも、高校の先輩である藤浪とのバッテリーは話題性も十分だ。

 とはいえ、直前になって違う意見が飛び出せば、動揺が走るのは当然のこと。翌日の会議、フタをあけてみれば西武が森を一本釣り。阪神は大瀬良どころか森まで逃すことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  2. 2

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  3. 3

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  4. 4

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  8. 8

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  9. 9

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  10. 10

    佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」

もっと見る