一兎どころか二兎逃した 阪神ドラフト前夜のドタバタ劇

公開日: 更新日:

 阪神は今年のドラフト会議で大瀬良大地(九共大)を1位指名。3球団の競合の末、広島に奪われた。外れ1位で岩貞祐太(横浜商大)の獲得に成功したものの、舞台裏ではドタバタもあったという。

 チーム周辺からは、「阪神は、一度は大瀬良を1位指名することで一本化されたが、直前になって意見が分かれた」という声が漏れ伝わってきた。
 和田監督ら現場は、即戦力投手を希望していた。早い段階でスポーツマスコミも「1位は大瀬良」と報じていた。

 大瀬良でスンナリいくのかと思ったら、ドラフト前夜、一部から強硬に「森友哉(大阪桐蔭)を1位で指名すべき」という声が上がったそうだ。
 森といえば高校ナンバーワン捕手。素材は一級品だし、今の阪神に不動の正捕手は不在。しかも、高校の先輩である藤浪とのバッテリーは話題性も十分だ。

 とはいえ、直前になって違う意見が飛び出せば、動揺が走るのは当然のこと。翌日の会議、フタをあけてみれば西武が森を一本釣り。阪神は大瀬良どころか森まで逃すことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る