一兎どころか二兎逃した 阪神ドラフト前夜のドタバタ劇

公開日:  更新日:

 阪神は今年のドラフト会議で大瀬良大地(九共大)を1位指名。3球団の競合の末、広島に奪われた。外れ1位で岩貞祐太(横浜商大)の獲得に成功したものの、舞台裏ではドタバタもあったという。

 チーム周辺からは、「阪神は、一度は大瀬良を1位指名することで一本化されたが、直前になって意見が分かれた」という声が漏れ伝わってきた。
 和田監督ら現場は、即戦力投手を希望していた。早い段階でスポーツマスコミも「1位は大瀬良」と報じていた。

 大瀬良でスンナリいくのかと思ったら、ドラフト前夜、一部から強硬に「森友哉(大阪桐蔭)を1位で指名すべき」という声が上がったそうだ。
 森といえば高校ナンバーワン捕手。素材は一級品だし、今の阪神に不動の正捕手は不在。しかも、高校の先輩である藤浪とのバッテリーは話題性も十分だ。

 とはいえ、直前になって違う意見が飛び出せば、動揺が走るのは当然のこと。翌日の会議、フタをあけてみれば西武が森を一本釣り。阪神は大瀬良どころか森まで逃すことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る