日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

箱根駅伝V候補の東洋大 選手集めの“極意”は進路サポート

 スポーツでの躍進ぶりは、単に有力選手を囲い込んでいるだけではなさそうだ。今や大学スポーツ界では強豪の一角を成す東洋大である。

 12日は、来年1月の箱根駅伝で優勝候補に挙げられる長距離部門の壮行会が在校生ら1700人を集めて行われた。今大会はエースで双子の設楽兄弟(啓太、悠太=4年)を筆頭にスピードランナーを擁しているだけに、酒井俊幸監督は「今年は1万メートルの上位10人の平均タイム(28分35秒5)でナンバーワン。険しい箱根路をトップでかけ抜けたい」と2年ぶりの総合優勝を誓った。

 同大学は「山の神」といわれた柏原竜二(現富士通)ら多くの長距離走者を輩出している。陸上部以外でも、現在はロンドン五輪男子400メートル個人メドレー銀メダリストの萩野公介(1年)が在籍し、来春には陸上男子100メートルで日本歴代2位の記録(10秒01)を持つ桐生祥秀が入学する。サッカーや駅伝などで女子の強化にも力を入れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事