箱根駅伝V候補の東洋大 選手集めの“極意”は進路サポート

公開日:  更新日:

 スポーツでの躍進ぶりは、単に有力選手を囲い込んでいるだけではなさそうだ。今や大学スポーツ界では強豪の一角を成す東洋大である。

 12日は、来年1月の箱根駅伝で優勝候補に挙げられる長距離部門の壮行会が在校生ら1700人を集めて行われた。今大会はエースで双子の設楽兄弟(啓太、悠太=4年)を筆頭にスピードランナーを擁しているだけに、酒井俊幸監督は「今年は1万メートルの上位10人の平均タイム(28分35秒5)でナンバーワン。険しい箱根路をトップでかけ抜けたい」と2年ぶりの総合優勝を誓った。

 同大学は「山の神」といわれた柏原竜二(現富士通)ら多くの長距離走者を輩出している。陸上部以外でも、現在はロンドン五輪男子400メートル個人メドレー銀メダリストの萩野公介(1年)が在籍し、来春には陸上男子100メートルで日本歴代2位の記録(10秒01)を持つ桐生祥秀が入学する。サッカーや駅伝などで女子の強化にも力を入れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る