生き残りかけて…箱根駅伝も「21世紀枠」導入検討?

公開日: 更新日:

 正月の恒例行事ともなった箱根駅伝(来年1月2、3日)。今回は90回の記念大会とあり、これまでの学連選抜を廃止して出場は3チーム増えて23校で争われる。記念大会としての特別措置で、15年からは学連選抜が復活し従来通りとなるが、今後は女子の部分的な参加も含めて、あらゆる改革を図るという。

 地方大学の参加もそのひとつだ。箱根駅伝は、いまやテレビ中継の視聴率が30%以上を記録する人気スポーツだ。宣伝効果は計り知れず、関東の大学はこぞって陸上部の中長距離部門の強化を図っている。少子化の影響で学生確保に苦戦する大学が少なくない中、箱根駅伝の常連校には受験者数を増やしている大学も少なくない。

 生き残りがかかるのは関西ほか、地方の大学も同じだ。注目度の高さに目を付けた関西の私学からは、箱根駅伝への出場を要望する声が年々、増えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る