生き残りかけて…箱根駅伝も「21世紀枠」導入検討?

公開日: 更新日:

 正月の恒例行事ともなった箱根駅伝(来年1月2、3日)。今回は90回の記念大会とあり、これまでの学連選抜を廃止して出場は3チーム増えて23校で争われる。記念大会としての特別措置で、15年からは学連選抜が復活し従来通りとなるが、今後は女子の部分的な参加も含めて、あらゆる改革を図るという。

 地方大学の参加もそのひとつだ。箱根駅伝は、いまやテレビ中継の視聴率が30%以上を記録する人気スポーツだ。宣伝効果は計り知れず、関東の大学はこぞって陸上部の中長距離部門の強化を図っている。少子化の影響で学生確保に苦戦する大学が少なくない中、箱根駅伝の常連校には受験者数を増やしている大学も少なくない。

 生き残りがかかるのは関西ほか、地方の大学も同じだ。注目度の高さに目を付けた関西の私学からは、箱根駅伝への出場を要望する声が年々、増えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る