生き残りかけて…箱根駅伝も「21世紀枠」導入検討?

公開日:  更新日:

 正月の恒例行事ともなった箱根駅伝(来年1月2、3日)。今回は90回の記念大会とあり、これまでの学連選抜を廃止して出場は3チーム増えて23校で争われる。記念大会としての特別措置で、15年からは学連選抜が復活し従来通りとなるが、今後は女子の部分的な参加も含めて、あらゆる改革を図るという。

 地方大学の参加もそのひとつだ。箱根駅伝は、いまやテレビ中継の視聴率が30%以上を記録する人気スポーツだ。宣伝効果は計り知れず、関東の大学はこぞって陸上部の中長距離部門の強化を図っている。少子化の影響で学生確保に苦戦する大学が少なくない中、箱根駅伝の常連校には受験者数を増やしている大学も少なくない。

 生き残りがかかるのは関西ほか、地方の大学も同じだ。注目度の高さに目を付けた関西の私学からは、箱根駅伝への出場を要望する声が年々、増えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る