五輪へプロ派遣 なぜNHLは「イエス」でMLBは「ノー」?

公開日: 更新日:

 ソチ五輪に出場するアイスホッケー各国が相次いでロースターを発表している。7日(日本時間8日)にはカナダが北米プロホッケーリーグ(NHL)のスター選手であるペンギンズのクロスビー(26)ら25人の代表選手を発表。ロシアでは昨季MVPのキャピタルズのオベチキン(28)らが代表に名を連ねた。

 プロ選手のソチ五輪出場を巡ってはNHL、選手会、国際オリンピック委員会(IOC)、国際アイスホッケー連盟(IIHF)の4団体が半年近くにわたって協議を続け、昨年7月に合意。これでNHLは長野五輪から5大会連続でプロを派遣するが、全てIOCの言いなりになっているわけではない。NHLのレギュラーシーズンと重なる五輪期間中はシーズンを中断する。その間の選手の給与、保険料はリーグが負担するものの、IOCからしっかりと見返りを得ているからだ。

 NHLの各チームはレギュラーシーズンチケットの販促などに五輪マークを使用できる。つまり、オリンピックのシンボルマーク使用を認めさせたわけだ。さらにアイスホッケーの試合映像も営利目的で使用可能になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る