岡崎慎司 「本田がミランでミス連発する姿は想像できない」

公開日: 更新日:

「圭佑も真司もそうなんですよ。どうしても中央に入り込んでくる。自分までダイアゴナルランで(サイドから)中央に入ると混雑してゴチャゴチャになり、1トップもプレーしづらくなる。なのでサイドに残って相手選手と駆け引きしているのです(笑い)」
――そういった献身的な動きが、攻撃陣の大きな助けになっています。

「もともとボクは足元でボールを受けたり、ドリブルなどで攻撃のリズムをつくるタイプではありません。ガンガン走り回ってボランチやセンターバックをサイドに引き出して(チームメートのために)スペースをつくれたら《オレの勝ち!》ですからね」

▽おかざき・しんじ 1986年4月16日、兵庫県生まれ。宝塚ジュニアFC、滝川二高、清水から11年1月にドイツ1部シュツットガルトに移籍した。今季からマインツでプレー。08年北京五輪、10年南アW杯、11年アジアカップ、13年コンフェデ杯に出場。09年だけで代表15得点をマークして「IFFHS世界得点王」に認定された。身長173センチ、体重70キロ。

【取材・構成=サッカージャーナリスト・元川悦子】

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  4. 4

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  5. 5

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る