3勝でデ杯初8強 “歴史の扉”あけた錦織圭に高まる期待

公開日:  更新日:

 またひとつ歴史の扉をあけた。

 世界のトップ16が争うテニスの国別対抗戦デビスカップ・ワールドグループ1回戦(東京・有明)の日本対カナダ戦。3日間でシングルス4試合とダブルス1試合を戦い、先に3勝したチームが勝利する。

 日本が2勝1敗で迎えた最終日は、シングルス2試合が行われ、第1試合では世界ランク18位の錦織圭(24)が、同119位のフランク・ダンチェビッチと対戦。第1セットは6―2とし、第2セットも1―0とリードしたところで相手が腹筋痛で途中棄権。日本は81年に現在の形になったワールドグループで初めてベスト8に駒を進めた。

 12年全豪オープンで日本男子としては80年ぶりに4大大会8強入りを果たした日本のエースは、2日間でシングルス2試合、ダブルス1試合で3勝と大活躍。「3試合やっても体力的に問題なかった。3勝できるのは気持ちがいい」と言って笑った。

 注目の準々決勝は4月4~6日。3連覇を目指すチェコと日本で対戦する。さらに分厚く重い扉を開けることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る