• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

王者ナダルに善戦 ビジネスマンも真似できる錦織の「思考法」

「いくらいいプレーをしても勝てないとなんでも同じ」

 20日の全豪オープンで世界1位のラファエル・ナダル(27=スペイン)に敗れた錦織圭(24)がこう絞り出した。昨年の全仏に続くストレート負け。が、内容は違った。

 王者のサービスゲームを計4度ブレーク。第1セットの第4ゲームでは今大会で初めてナダルのサービスゲームを破るなど、3セットとも1時間を超える打ち合いを演じて、王者を追い詰めた。

 錦織は昨年、4大大会の全豪、全仏で2大会連続16強入り。世界ランキングが11位まで上昇したものの、8月の全米でまさかの1回戦ストレート負けを喫し、スランプに陥った。手を伸ばせば届くところにきた「世界トップ10入り」がかえってプレッシャーとなり、世界ランキングを意識し過ぎて精神的に追い詰められたのが原因だったという。それを振り払ったのが、思考の転換。今年は「目標はトップ10ではなく、トップ5以上」と公言。あえて、ハードルを上げたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る