王者ナダルに善戦 ビジネスマンも真似できる錦織の「思考法」

公開日:  更新日:

「いくらいいプレーをしても勝てないとなんでも同じ」

 20日の全豪オープンで世界1位のラファエル・ナダル(27=スペイン)に敗れた錦織圭(24)がこう絞り出した。昨年の全仏に続くストレート負け。が、内容は違った。

 王者のサービスゲームを計4度ブレーク。第1セットの第4ゲームでは今大会で初めてナダルのサービスゲームを破るなど、3セットとも1時間を超える打ち合いを演じて、王者を追い詰めた。

 錦織は昨年、4大大会の全豪、全仏で2大会連続16強入り。世界ランキングが11位まで上昇したものの、8月の全米でまさかの1回戦ストレート負けを喫し、スランプに陥った。手を伸ばせば届くところにきた「世界トップ10入り」がかえってプレッシャーとなり、世界ランキングを意識し過ぎて精神的に追い詰められたのが原因だったという。それを振り払ったのが、思考の転換。今年は「目標はトップ10ではなく、トップ5以上」と公言。あえて、ハードルを上げたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る