• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人・内海が今季初登板に絶対負けられない“理由”

 巨人のエース内海哲也(31)が今季初登板となる、1日のDeNA戦での“リベンジ”に燃えている。

「間違いなく緊張はする。DeNAは強い。打線に切れ目がない」と警戒する内海はオープン戦で2度炎上。そのうちの1試合がDeNA戦での2回8失点だった。結果として開幕投手を菅野に譲ることになっただけに、打線に怖さを感じているようだ。

 11年から2年連続で最多勝を獲得も、昨季はリーグ3位タイの13勝。もちろん、タイトルは欲しいが、内海には他に気になることがあるという。昨季まで選手会長を務め、投手陣のリーダーとして選手を束ねてきた「内海組」が崩壊の危機だというのだ。チーム関係者がこう言う。

「内海は旧態依然とした体育会系の上下関係が大嫌い。和気あいあいとした雰囲気の中で、若い選手が萎縮しないで力を出しやすい環境づくりを大事にしてきた。内海が中心となって1月に行っている恒例のグアム自主トレにも、若い投手がこぞって参加していた頃もあった。それが、東野がオリックスへ移籍してからは減少の一途ですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

もっと見る