巨人・内海が今季初登板に絶対負けられない“理由”

公開日:  更新日:

 巨人のエース内海哲也(31)が今季初登板となる、1日のDeNA戦での“リベンジ”に燃えている。

「間違いなく緊張はする。DeNAは強い。打線に切れ目がない」と警戒する内海はオープン戦で2度炎上。そのうちの1試合がDeNA戦での2回8失点だった。結果として開幕投手を菅野に譲ることになっただけに、打線に怖さを感じているようだ。

 11年から2年連続で最多勝を獲得も、昨季はリーグ3位タイの13勝。もちろん、タイトルは欲しいが、内海には他に気になることがあるという。昨季まで選手会長を務め、投手陣のリーダーとして選手を束ねてきた「内海組」が崩壊の危機だというのだ。チーム関係者がこう言う。

「内海は旧態依然とした体育会系の上下関係が大嫌い。和気あいあいとした雰囲気の中で、若い選手が萎縮しないで力を出しやすい環境づくりを大事にしてきた。内海が中心となって1月に行っている恒例のグアム自主トレにも、若い投手がこぞって参加していた頃もあった。それが、東野がオリックスへ移籍してからは減少の一途ですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る