ロッテ首脳が涌井に突きつける掟破りの「救援降格」

公開日: 更新日:

 8日のオリックス戦に先発。早くも今季2敗目を喫したロッテ・涌井(27)のことだ。二回に2本の長打で2失点、三回にも3安打で2失点。結局、6回7安打4失点でマウンドを降りた。

「(3連勝という)チームのいい流れに乗っていきたかったのですが、申し訳ないです」とは降板後の涌井。伊東監督も2死から相次いで失点した先発右腕に、「“失投”では許されないよ」と呆れ顔だった。

 1日の古巣・西武との今季初登板では六回途中3失点。敵将・伊原監督から「ここ2年の涌井はあんなもの」とバカにされた。この日はそのリベンジ登板で快投かと思いきや、結果は散々。そこで球団内で囁かれ始めているのが「劇薬注入」だ。

■“劇薬”は奮起を促すため

 涌井は昨オフ、FA権を行使して西武からロッテに移籍する際、金銭以上に「先発確約」にこだわった。試合展開によって毎試合のようにブルペンで肩をつくるリリーフより、週1回程度の登板で長いイニングを投げる先発の方が調整がしやすいし、登板間のあいた日をプライベートに充てることができるからだ。その条件をのんでくれたことが、ロッテ入団の決め手になった。それなのに、不調とはいえ救援に回るようなことになれば、西武の時と状況は同じになり、涌井にとってはたまらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る