打撃部門独占…米マイナー野手がセ・リーグばかり狙う理由

公開日: 更新日:

 外国人選手にとってこれほど「おいしい職場」はないんじゃないか。セ・リーグの助っ人野手が、開幕から揃いも揃って打ちまくっているからだ。

 巨人に新加入したアンダーソン(32)が8日現在、打率部門でトップ(.387)を走れば、本塁打部門も昨シーズン60本塁打を放ったヤクルト・バレンティン(29)が故障を抱えながら12本で首位。打点と安打数は共に広島の主砲・エルドレッド(33)が36打点、47安打で、猛追する阪神・マートン(32)、ゴメス(29)、アンダーソンを抑えリードしている。パ・リーグは本塁打と打点で首位を走るペーニャ(32=オリックス)以外は日本人選手ばかりなのに、セの主要打撃部門は外国人選手に独占されているのが現状だ。

 背景には、セ・リーグ投手陣のレベルの低さと、外国人野手を扱う代理人の思惑が絡んでいるといわれる。アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  10. 10

    巨人二軍監督に就任後 まず岡本を7番から4番に固定した

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る