打撃部門独占…米マイナー野手がセ・リーグばかり狙う理由

公開日:  更新日:

 外国人選手にとってこれほど「おいしい職場」はないんじゃないか。セ・リーグの助っ人野手が、開幕から揃いも揃って打ちまくっているからだ。

 巨人に新加入したアンダーソン(32)が8日現在、打率部門でトップ(.387)を走れば、本塁打部門も昨シーズン60本塁打を放ったヤクルト・バレンティン(29)が故障を抱えながら12本で首位。打点と安打数は共に広島の主砲・エルドレッド(33)が36打点、47安打で、猛追する阪神・マートン(32)、ゴメス(29)、アンダーソンを抑えリードしている。パ・リーグは本塁打と打点で首位を走るペーニャ(32=オリックス)以外は日本人選手ばかりなのに、セの主要打撃部門は外国人選手に独占されているのが現状だ。

 背景には、セ・リーグ投手陣のレベルの低さと、外国人野手を扱う代理人の思惑が絡んでいるといわれる。アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る