メジャーは故障歴にシビア…広島・前田はケガでも休めず?

公開日: 更新日:

 高橋氏の指摘はもっともだ。昨年、WBCでは米メディアから「精密機械」と称されたように、マエケンの武器は制球力にある。それが今季に限っては、コントロールミスもチラホラのぞかせている。メジャー挑戦という要素が、マエケンの投球にマイナス影響を与えているのかもしれない。

「ケガの影響もあるのだろう」とは、プロ野球OB。

「マエケンは4月12日の中日戦でいわゆる『二の腕』にあたる上腕三頭筋の付着部炎になり、5回で緊急降板した。その後も登録抹消せず、何とか中7日で復帰したが、昨年4月にも同箇所の筋膜炎を発症し、右わき腹を痛めたこともある。最近はフォームに昨季までの安定感がなく、ケガをゴマカしながら投げているようにも見える。ただ、そうはいっても簡単には休めない。メジャーは故障歴にはシビア。すでに複数の球団は、マエケンの故障の多さについて懐疑的に見ている。一度でも登録抹消されたら、評価が一気に落ちかねないからね」

 入札金の上限である「20億円」の“臨時収入”を見込む球団にとっても、マエケンの評価が落ちることだけは避けたいところ。本調子でなくともそれなりの投球をするのはさすがだが、オフの大目標がある以上、とにかく投げ続けるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る