日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

テークバックの最中に下半身をもっと動かす

 ゴルフスイングは投球モーションに似ているとよくいわれる。野球のピッチャーにゴルフの上手な人が多いのも体の動きとか腕の振り方に共通したところが多いからだといわれている。

 共に体をひねって腕を振り上げ、それから体を巻き戻しながら腕を振り下ろしてくるわけだが、鬼才といわれた戸田藤一郎プロは「スイングで一番むずかしいのは上げて下ろす切り返しのタイミングであり、その一瞬でスイングが決まる」と言った。

 昔、レッスンオブザイヤーを受賞したことのある山本信弘プロを取材しながら教わったときも、まったく同じようなことを言われた。

 山本プロと前後の打席で「ヨーイ、ハイ」と言って同時に打たされたことを思い出す。
■切り返しのタイミングでスイングは決まる

 何度打っても、プロのほうがスイングが早く終わるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事