• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

渡部香生子「100平」で日本新も…北島衰え色あせる男子勢

競泳ジャパンオープン

 日本のお家芸のひとつである平泳ぎの主役は、男子から女子に取って代わられたようだ。

 アジア選手権(9月、韓国・仁川)等の選考会を兼ねた競泳のジャパンオープンが19日に開幕。初日は男女5種目が行われ、女子100メートル平泳ぎの渡部香生子(17)が1分5秒88の日本新記録で優勝した。

 渡部は今季世界2位の好記録に、「本当にビックリです。(1分)5秒台が出るなんて……」と興奮気味に話した。

 2年前のロンドン五輪、昨年の世界選手権では力を出せなかった。しかし、地道に筋トレを続けた成果で、腕のかきがパワフルになり、この日の好記録につながった。

 先の日本選手権200メートルでこの渡部に次ぐ2分21秒58をマークした金藤理絵(25)も含め前途洋々の女子に対して、いまひとつなのが男子勢だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事