監督同士の「古巣対決」を制したのはエクアドルのルエダ監督

公開日:  更新日:

 両チームの監督はともにコロンビア出身。エクアドルのルエダ監督(57)は前回大会、ホンジュラスを28年ぶりに本大会に出場させた。

 そのホンジュラスで11年から采配をふるうのはスアレス監督(55)。06年大会でエクアドルをベスト16に導いた知将。お互い古巣との対決だ。

 均衡を破ったのは前半31分、ホンジュラスのFWコストリー(31)だった。味方DFからのロングボールを敵陣で受け取ると、そのままドリブルで持ち込みペナルティーエリア前へ。相手DFに詰め寄られながらも最後は左足を振りぬき、先制ゴー
ルを奪った。

 これで目を覚ましたのがエクアドルのFWエネル・バレンシア(24)。先制点を奪われた3分後の前半34分に、「お返し」とばかりに味方シュートからのこぼれ球をゴール前に押し込む。後半20分にも敵陣左サイドで得たFKからのクロスをドンピシャのタイミングで頭で合わせ決勝ゴールを奪い取った。

 エクアドルのルエダ監督は、06年ドイツ大会以来8年ぶりの決勝トーナメント進出に向け「古巣」対決を制した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る