監督同士の「古巣対決」を制したのはエクアドルのルエダ監督

公開日: 更新日:

 両チームの監督はともにコロンビア出身。エクアドルのルエダ監督(57)は前回大会、ホンジュラスを28年ぶりに本大会に出場させた。

 そのホンジュラスで11年から采配をふるうのはスアレス監督(55)。06年大会でエクアドルをベスト16に導いた知将。お互い古巣との対決だ。

 均衡を破ったのは前半31分、ホンジュラスのFWコストリー(31)だった。味方DFからのロングボールを敵陣で受け取ると、そのままドリブルで持ち込みペナルティーエリア前へ。相手DFに詰め寄られながらも最後は左足を振りぬき、先制ゴー
ルを奪った。

 これで目を覚ましたのがエクアドルのFWエネル・バレンシア(24)。先制点を奪われた3分後の前半34分に、「お返し」とばかりに味方シュートからのこぼれ球をゴール前に押し込む。後半20分にも敵陣左サイドで得たFKからのクロスをドンピシャのタイミングで頭で合わせ決勝ゴールを奪い取った。

 エクアドルのルエダ監督は、06年ドイツ大会以来8年ぶりの決勝トーナメント進出に向け「古巣」対決を制した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

もっと見る