• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“お騒がせ男”ジルーが貢献 フランスが5ゴールで2連勝

 フランスがグループリーグ最大のライバルであるスイスに大勝した。今大会最多タイ5得点の先陣を切ったのは、FWオリビエ・ジルー(27)。前半17分、192センチの長身を生かし、右CKから高い打点のヘディングで先制ゴール。40分にはカウンター攻撃の起点となり、左サイドから持ち込むと、最後はグラウンダーのパスで3点目をアシスト。デシャン監督の先発起用に応えて見せた。

 試合序盤には、後方からのパスを処理するため高く上げた右足が、相手DFフォンベルゲンの左こめかみを直撃。故意ではないにしろ、スイスDF陣の要が負傷退場。これがフランスに大量得点をもたらすきっかけにもなった。

■ピッチ外でも話題の“問題児”

 今季は所属するイングランドのアーセナルでプレミアリーグ7位タイの16得点。この日、見せた打点の高いヘディングや正確なポストプレーは高い評価を得ているが、ピッチ外では何かと話題を振りまいている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事