• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ五輪金有力・萩野公介の前にに立ちはだかる入江陵介

 実力ではまだ及ばないのか。競泳のアジア大会を含む代表最終選考会を兼ねたジャパン・オープン2日目が行われた昨20日。男子100メートル背泳ぎで一歩及ばなかったのが、次代のエースこと萩野公介(19)だ。勝ったのは52秒69の好タイムを叩き出した入江陵介(24)。萩野は53秒39で2位に甘んじた。

 リオ五輪で金メダルが有望視される萩野は、いまや日本競泳界のトップスターだ。北島康介の時代が終焉(しゅうえん)し、ファンもメディアも新たなスターに飢えていたところに、高校生ながら出場したロンドン五輪の400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得。一躍有名人となり、大会スポンサーに名乗りを上げる企業が雨後のタケノコのごとく現れた。

 それが背泳ぎでは入江の牙城を崩せない。昨年の日本選手権100メートル背泳ぎこそ萩野が制したものの、その後は入江に水をあけられっぱなし。かつて入江は「いつまでも同じ人がトップに君臨していては競泳界がダメになる」と話していたが、だからといって簡単に世代交代を許す気もない。

 この日、敗れた萩野は「なかなか調子が上がらない。次のレースに向けて頑張ります」とガックリ。大会前は転戦による疲労で体調を崩し、体重が3キロ落ちた時期もあったという。それでも負けは負け。

 リオ五輪の前に、まずは打倒入江だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る