リオ五輪金有力・萩野公介の前にに立ちはだかる入江陵介

公開日: 更新日:

 実力ではまだ及ばないのか。競泳のアジア大会を含む代表最終選考会を兼ねたジャパン・オープン2日目が行われた昨20日。男子100メートル背泳ぎで一歩及ばなかったのが、次代のエースこと萩野公介(19)だ。勝ったのは52秒69の好タイムを叩き出した入江陵介(24)。萩野は53秒39で2位に甘んじた。

 リオ五輪で金メダルが有望視される萩野は、いまや日本競泳界のトップスターだ。北島康介の時代が終焉(しゅうえん)し、ファンもメディアも新たなスターに飢えていたところに、高校生ながら出場したロンドン五輪の400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得。一躍有名人となり、大会スポンサーに名乗りを上げる企業が雨後のタケノコのごとく現れた。

 それが背泳ぎでは入江の牙城を崩せない。昨年の日本選手権100メートル背泳ぎこそ萩野が制したものの、その後は入江に水をあけられっぱなし。かつて入江は「いつまでも同じ人がトップに君臨していては競泳界がダメになる」と話していたが、だからといって簡単に世代交代を許す気もない。

 この日、敗れた萩野は「なかなか調子が上がらない。次のレースに向けて頑張ります」とガックリ。大会前は転戦による疲労で体調を崩し、体重が3キロ落ちた時期もあったという。それでも負けは負け。

 リオ五輪の前に、まずは打倒入江だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)