デル・ボスケ監督の去就めぐり揺れる国民とスペイン協会

公開日:  更新日:

 前回覇者ながら1次リーグ敗退を喫したスペイン。このまさかの惨敗にスペイン本国ではチームを率いたデル・ボスケ監督(63)の解任を求める声が日に日に高まっている。すでに地元紙「マルカ」電子版の調査では、国民のおよそ7割が「今すぐ辞めさせるべき」という意見で、「潔く退任がベスト」と監督の辞任を要求している。

 とはいえ、簡単に指揮官のクビを切れないのがスペインサッカー協会。今大会前にデル・ボスケ監督に頭を下げ、16年の欧州選手権までの指揮を「お願い」したからだ。

 デル・ボスケ監督はもともと今大会後に代表監督を勇退し、他国のクラブチームの監督を引き受ける予定だった。そんな指揮官をスペイン協会側はW杯直前に慰留。契約延長を強引に推し進めたことから、今大会に惨敗したからといって辞任要求を突きつけられないのだ。

 ちなみにスペインは、“消化試合”となった23日のオーストラリア戦は3-0で快勝した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る