GKナバス好守連発で初8強 コスタリカ旋風まだ止まず

公開日: 更新日:

 旋風はまだ終わらない。W杯決勝トーナメント1回戦コスタリカ-ギリシャ戦は、後半途中に退場者を出したコスタリカが、50分以上に及ぶギリシャの猛攻をGKナバスを中心に10人で守り抜き、PK戦の末に勝利。90年大会以来2度目の決勝トーナメント進出で初の8強入りを決めた。

 試合が動いたのは後半7分。コスタリカは左サイドからMFボラニョスが中央に横パスを入れると、FWルイスが左足ダイレクトで合わせる。ボールに勢いはなかったものの、これがラッキーシュートに。タイミングをずらされたギリシャGKカルネジスは、一歩も動けなかった。

 後半21分にはコスタリカのDFドゥアルテがこの日2枚目のイエローカードで退場。最終ラインを5バックから4バックに減らし、苦しい展開に追い込まれた。後半ロスタイムにはギリシャのパワープレーで同点に追いつかれてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る