バルサ合流が遅れるネイマール 補償金は「1日190万円」

公開日: 更新日:

 コロンビア戦での腰椎骨折で全治4週間のブラジルFWネイマール(22)に対して、FIFA(国際サッカー連盟)の「補償金はいくらか?」という話題がにわかに注目を集めている。所属するバルセロナへの合流が遅れることが濃厚となり、FIFAがこの間の給与をネイマールに支払う規定があるからだ。

 W杯大会の試合中に選手が負傷した場合、その日から28日以上復帰できない場合は年俸を日割りで計算、FIFAが所属チームに代わり選手に給与を支払う。

 ネイマールに支払われる「補償金」は年俸(約7億円)から、1日あたりおよそ190万円。仮に1カ月休んだら、それだけで約6000万円にもなる。

 バルサの公式ホームページによれば、クラブの医療スタッフがすでにブラジル入り。ネイマールの早期復帰に向け、万全の態勢を整えているという。シーズン開幕は8月下旬。それまでに復帰できるという報道もあるが、まだ不透明。

 スター選手不在だとホーム試合での観客動員数にも影響が出てくる。バルサにとって6000万円分をFIFAが肩代わりしてくれたら負担は減る。しかし、金満クラブだけに6000万円払ってでも元気なネイマールに帰ってきてもらいたいというのが本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る