バルサ合流が遅れるネイマール 補償金は「1日190万円」

公開日:  更新日:

 コロンビア戦での腰椎骨折で全治4週間のブラジルFWネイマール(22)に対して、FIFA(国際サッカー連盟)の「補償金はいくらか?」という話題がにわかに注目を集めている。所属するバルセロナへの合流が遅れることが濃厚となり、FIFAがこの間の給与をネイマールに支払う規定があるからだ。

 W杯大会の試合中に選手が負傷した場合、その日から28日以上復帰できない場合は年俸を日割りで計算、FIFAが所属チームに代わり選手に給与を支払う。

 ネイマールに支払われる「補償金」は年俸(約7億円)から、1日あたりおよそ190万円。仮に1カ月休んだら、それだけで約6000万円にもなる。

 バルサの公式ホームページによれば、クラブの医療スタッフがすでにブラジル入り。ネイマールの早期復帰に向け、万全の態勢を整えているという。シーズン開幕は8月下旬。それまでに復帰できるという報道もあるが、まだ不透明。

 スター選手不在だとホーム試合での観客動員数にも影響が出てくる。バルサにとって6000万円分をFIFAが肩代わりしてくれたら負担は減る。しかし、金満クラブだけに6000万円払ってでも元気なネイマールに帰ってきてもらいたいというのが本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る