バルサ合流が遅れるネイマール 補償金は「1日190万円」

公開日:  更新日:

 コロンビア戦での腰椎骨折で全治4週間のブラジルFWネイマール(22)に対して、FIFA(国際サッカー連盟)の「補償金はいくらか?」という話題がにわかに注目を集めている。所属するバルセロナへの合流が遅れることが濃厚となり、FIFAがこの間の給与をネイマールに支払う規定があるからだ。

 W杯大会の試合中に選手が負傷した場合、その日から28日以上復帰できない場合は年俸を日割りで計算、FIFAが所属チームに代わり選手に給与を支払う。

 ネイマールに支払われる「補償金」は年俸(約7億円)から、1日あたりおよそ190万円。仮に1カ月休んだら、それだけで約6000万円にもなる。

 バルサの公式ホームページによれば、クラブの医療スタッフがすでにブラジル入り。ネイマールの早期復帰に向け、万全の態勢を整えているという。シーズン開幕は8月下旬。それまでに復帰できるという報道もあるが、まだ不透明。

 スター選手不在だとホーム試合での観客動員数にも影響が出てくる。バルサにとって6000万円分をFIFAが肩代わりしてくれたら負担は減る。しかし、金満クラブだけに6000万円払ってでも元気なネイマールに帰ってきてもらいたいというのが本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る