ナイジェリア連盟資格停止 W杯「分配金」を巡り内紛か?

公開日: 更新日:

 FIFAはナイジェリア・サッカー協会に対し、同国政府が協会運営に介入したとして資格停止処分を科したと発表した。これにより、処分が解除されるまでクラブや代表チームなど全カテゴリーで国際大会に参加できなくなった。

 複数メディアによると、代表チームがW杯でベスト8入りを逃した直後から、サッカー協会幹部らが政府によって解雇されるなど内紛が勃発。サッカー協会を政府関係者が管轄する動きが出たため、FIFAは資格停止処分を下したようだ。

 W杯出場国にはFIFAから一律、経費と出場料で計9億5000万円。さらに16強入りしたチームには9億円のボーナスが支払われる。このカネに目がくらんだ政府がサッカー協会に汚い手を使ったともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  8. 7

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る