ナイジェリア連盟資格停止 W杯「分配金」を巡り内紛か?

公開日:  更新日:

 FIFAはナイジェリア・サッカー協会に対し、同国政府が協会運営に介入したとして資格停止処分を科したと発表した。これにより、処分が解除されるまでクラブや代表チームなど全カテゴリーで国際大会に参加できなくなった。

 複数メディアによると、代表チームがW杯でベスト8入りを逃した直後から、サッカー協会幹部らが政府によって解雇されるなど内紛が勃発。サッカー協会を政府関係者が管轄する動きが出たため、FIFAは資格停止処分を下したようだ。

 W杯出場国にはFIFAから一律、経費と出場料で計9億5000万円。さらに16強入りしたチームには9億円のボーナスが支払われる。このカネに目がくらんだ政府がサッカー協会に汚い手を使ったともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る