ナイジェリア連盟資格停止 W杯「分配金」を巡り内紛か?

公開日:  更新日:

 FIFAはナイジェリア・サッカー協会に対し、同国政府が協会運営に介入したとして資格停止処分を科したと発表した。これにより、処分が解除されるまでクラブや代表チームなど全カテゴリーで国際大会に参加できなくなった。

 複数メディアによると、代表チームがW杯でベスト8入りを逃した直後から、サッカー協会幹部らが政府によって解雇されるなど内紛が勃発。サッカー協会を政府関係者が管轄する動きが出たため、FIFAは資格停止処分を下したようだ。

 W杯出場国にはFIFAから一律、経費と出場料で計9億5000万円。さらに16強入りしたチームには9億円のボーナスが支払われる。このカネに目がくらんだ政府がサッカー協会に汚い手を使ったともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る