ナイジェリア連盟資格停止 W杯「分配金」を巡り内紛か?

公開日: 更新日:

 FIFAはナイジェリア・サッカー協会に対し、同国政府が協会運営に介入したとして資格停止処分を科したと発表した。これにより、処分が解除されるまでクラブや代表チームなど全カテゴリーで国際大会に参加できなくなった。

 複数メディアによると、代表チームがW杯でベスト8入りを逃した直後から、サッカー協会幹部らが政府によって解雇されるなど内紛が勃発。サッカー協会を政府関係者が管轄する動きが出たため、FIFAは資格停止処分を下したようだ。

 W杯出場国にはFIFAから一律、経費と出場料で計9億5000万円。さらに16強入りしたチームには9億円のボーナスが支払われる。このカネに目がくらんだ政府がサッカー協会に汚い手を使ったともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る