ヤクルト小川を直撃した「時速180キロ硬球」の恐怖

公開日:  更新日:

「すごい打球だった。生きててよかったです」
 神妙な表情で語るのは、ヤクルトの「ライアン」こと小川泰弘(24)だ。

 昨季の最多勝、新人王右腕は開幕直後、4月18日の阪神戦で、鳥谷の打球を右手に受け、右手有鉤骨鉤の骨折で戦線離脱。リハビリを経て8日に一軍合流。この日(10日)は、ブルペン入りして先発復帰予定の12日のDeNA戦に備えた。

 強烈なピッチャーライナーは時速180キロ近いともいわれる。小川に打球直撃の恐怖体験について改めて尋ねると、冒頭の言葉に続けてこう言った。

「僕はボールを投げ終えると一瞬、目線が下を向くんですが、打球に反応しようと目を上げたら、白いボールが僕の目の前にあったんです。あとはもう、勝手に右手が顔の前に出てました。当たった瞬間? 動きがスローモーションで見えるとか、稲妻が走るとかそういうのはなかった。試合中だったので激しい痛みも感じなかった。右手に当たった跳ね返りであごにぶつかって、ボールは一塁方向へ転がっていった。手を出してなかったら、きっとあごに当たっていたと思う。もしあごに直撃していたら? 想像したら…ゾッとしますね(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る