ヤクルト小川を直撃した「時速180キロ硬球」の恐怖

公開日: 更新日:

「すごい打球だった。生きててよかったです」
 神妙な表情で語るのは、ヤクルトの「ライアン」こと小川泰弘(24)だ。

 昨季の最多勝、新人王右腕は開幕直後、4月18日の阪神戦で、鳥谷の打球を右手に受け、右手有鉤骨鉤の骨折で戦線離脱。リハビリを経て8日に一軍合流。この日(10日)は、ブルペン入りして先発復帰予定の12日のDeNA戦に備えた。

 強烈なピッチャーライナーは時速180キロ近いともいわれる。小川に打球直撃の恐怖体験について改めて尋ねると、冒頭の言葉に続けてこう言った。

「僕はボールを投げ終えると一瞬、目線が下を向くんですが、打球に反応しようと目を上げたら、白いボールが僕の目の前にあったんです。あとはもう、勝手に右手が顔の前に出てました。当たった瞬間? 動きがスローモーションで見えるとか、稲妻が走るとかそういうのはなかった。試合中だったので激しい痛みも感じなかった。右手に当たった跳ね返りであごにぶつかって、ボールは一塁方向へ転がっていった。手を出してなかったら、きっとあごに当たっていたと思う。もしあごに直撃していたら? 想像したら…ゾッとしますね(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る