ヤクルト小川を直撃した「時速180キロ硬球」の恐怖

公開日: 更新日:

「すごい打球だった。生きててよかったです」
 神妙な表情で語るのは、ヤクルトの「ライアン」こと小川泰弘(24)だ。

 昨季の最多勝、新人王右腕は開幕直後、4月18日の阪神戦で、鳥谷の打球を右手に受け、右手有鉤骨鉤の骨折で戦線離脱。リハビリを経て8日に一軍合流。この日(10日)は、ブルペン入りして先発復帰予定の12日のDeNA戦に備えた。

 強烈なピッチャーライナーは時速180キロ近いともいわれる。小川に打球直撃の恐怖体験について改めて尋ねると、冒頭の言葉に続けてこう言った。

「僕はボールを投げ終えると一瞬、目線が下を向くんですが、打球に反応しようと目を上げたら、白いボールが僕の目の前にあったんです。あとはもう、勝手に右手が顔の前に出てました。当たった瞬間? 動きがスローモーションで見えるとか、稲妻が走るとかそういうのはなかった。試合中だったので激しい痛みも感じなかった。右手に当たった跳ね返りであごにぶつかって、ボールは一塁方向へ転がっていった。手を出してなかったら、きっとあごに当たっていたと思う。もしあごに直撃していたら? 想像したら…ゾッとしますね(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る