ヤクルト小川を直撃した「時速180キロ硬球」の恐怖

公開日:  更新日:

「すごい打球だった。生きててよかったです」
 神妙な表情で語るのは、ヤクルトの「ライアン」こと小川泰弘(24)だ。

 昨季の最多勝、新人王右腕は開幕直後、4月18日の阪神戦で、鳥谷の打球を右手に受け、右手有鉤骨鉤の骨折で戦線離脱。リハビリを経て8日に一軍合流。この日(10日)は、ブルペン入りして先発復帰予定の12日のDeNA戦に備えた。

 強烈なピッチャーライナーは時速180キロ近いともいわれる。小川に打球直撃の恐怖体験について改めて尋ねると、冒頭の言葉に続けてこう言った。

「僕はボールを投げ終えると一瞬、目線が下を向くんですが、打球に反応しようと目を上げたら、白いボールが僕の目の前にあったんです。あとはもう、勝手に右手が顔の前に出てました。当たった瞬間? 動きがスローモーションで見えるとか、稲妻が走るとかそういうのはなかった。試合中だったので激しい痛みも感じなかった。右手に当たった跳ね返りであごにぶつかって、ボールは一塁方向へ転がっていった。手を出してなかったら、きっとあごに当たっていたと思う。もしあごに直撃していたら? 想像したら…ゾッとしますね(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る