血眼vs無気力の3位決定戦 ブラジルとオランダの温度差

公開日: 更新日:

 すでに「勝敗」は決まってしまったか――。3位決定戦(日本時間13日)に向けてブラジルとオランダの「温度差」があり過ぎるからだ。

「絶対に勝つ」とやる気マンマンなのがブラジル。準決勝ドイツ戦に1-7という歴史的惨敗を喫したことで、国内は現在、代表チームに対し怒りと失望が蔓延。試合直後から各地で暴動が起こっているように大混乱に見舞われている。そんな国民感情を少しでも和らげるためには、3位決定戦とはいえ勝利が絶対条件なのだ。腰椎骨折の重症を負ったネイマールですら「力になりたい」とチームに帯同することを表明した。

 対照的に、オランダは全くやる気を見せていない。W杯では過去に準優勝3度の実績があり、今大会の目標は「初優勝」しかなかった。3位では意味がないのだ。ファンハール監督も以前から「W杯で3位決定戦をやる意味はない」というのが持論。選手も準々決勝、準決勝とも120分+PK戦を戦った疲労感がぬぐい切れていないこともあって、試合2日前のこの日もダラケ気味。シュート練習はおろか、ランニング、コンディショニングすらしない選手が大半だった。

 この状況を見れば、試合の勝敗は見るまでもないが、そこはプロ集団。キックオフのホイッスルが鳴ったら本気モードのスイッチが入ることも十分にあり得る。それでも、オランダがブラジルに勝ったりでもしたら、国内は火の海となるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る