血眼vs無気力の3位決定戦 ブラジルとオランダの温度差

公開日: 更新日:

 すでに「勝敗」は決まってしまったか――。3位決定戦(日本時間13日)に向けてブラジルとオランダの「温度差」があり過ぎるからだ。

「絶対に勝つ」とやる気マンマンなのがブラジル。準決勝ドイツ戦に1-7という歴史的惨敗を喫したことで、国内は現在、代表チームに対し怒りと失望が蔓延。試合直後から各地で暴動が起こっているように大混乱に見舞われている。そんな国民感情を少しでも和らげるためには、3位決定戦とはいえ勝利が絶対条件なのだ。腰椎骨折の重症を負ったネイマールですら「力になりたい」とチームに帯同することを表明した。

 対照的に、オランダは全くやる気を見せていない。W杯では過去に準優勝3度の実績があり、今大会の目標は「初優勝」しかなかった。3位では意味がないのだ。ファンハール監督も以前から「W杯で3位決定戦をやる意味はない」というのが持論。選手も準々決勝、準決勝とも120分+PK戦を戦った疲労感がぬぐい切れていないこともあって、試合2日前のこの日もダラケ気味。シュート練習はおろか、ランニング、コンディショニングすらしない選手が大半だった。

 この状況を見れば、試合の勝敗は見るまでもないが、そこはプロ集団。キックオフのホイッスルが鳴ったら本気モードのスイッチが入ることも十分にあり得る。それでも、オランダがブラジルに勝ったりでもしたら、国内は火の海となるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る