オランダの死角 ロッベンの“ダイブ癖”をアルゼンチンが狙う

公開日:  更新日:

 らしさを捨てた5バック。目まぐるしく変化する布陣。そしてPK専従GKの起用――。ファンハール監督が繰り出す策が次々に当たり、オランダは勢いに乗っている。

 メッシ対策を聞かれたオランダのコーチ、クライファート(38)が「それじゃあ~アルゼンチンはロッベンをどう止めるのかな?」と聞き返すなど、チームは自信に満ちあふれている。FWのカイト(33)、ファンペルシー(30)、フンテラール(30)、そしてMFスナイデル(30)のベテラン三十路軍団を中心に結束を強めているが、実は意外にも死角は多い。

 サッカーライターの小室功氏が、ウイークポイントをこう分析する。

「両チームとも中3日の試合ですが、疲れが残っているのはオランダでしょうね。コスタリカと延長まで計120分を戦ったばかり。しかもPK戦を見据えてGKの交代枠をひとつ残し、そのためにベテラン勢が全員フル出場を強いられました。決勝トーナメント以降の移動距離もアルゼンチンと比べると長い。これもマイナス材料となっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る