オランダの死角 ロッベンの“ダイブ癖”をアルゼンチンが狙う

公開日: 更新日:

 らしさを捨てた5バック。目まぐるしく変化する布陣。そしてPK専従GKの起用――。ファンハール監督が繰り出す策が次々に当たり、オランダは勢いに乗っている。

 メッシ対策を聞かれたオランダのコーチ、クライファート(38)が「それじゃあ~アルゼンチンはロッベンをどう止めるのかな?」と聞き返すなど、チームは自信に満ちあふれている。FWのカイト(33)、ファンペルシー(30)、フンテラール(30)、そしてMFスナイデル(30)のベテラン三十路軍団を中心に結束を強めているが、実は意外にも死角は多い。

 サッカーライターの小室功氏が、ウイークポイントをこう分析する。

「両チームとも中3日の試合ですが、疲れが残っているのはオランダでしょうね。コスタリカと延長まで計120分を戦ったばかり。しかもPK戦を見据えてGKの交代枠をひとつ残し、そのためにベテラン勢が全員フル出場を強いられました。決勝トーナメント以降の移動距離もアルゼンチンと比べると長い。これもマイナス材料となっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る