絶体絶命の楽天救ったクルーズ 全球直球3者連続三振の快投

公開日: 更新日:

 いや、凄かった。松井裕樹、先発初勝利なるか ?  で、注目された西武戦。その黄金新人左腕以上に観客の目をくぎ付けにしたのが、6月に途中加入した楽天助っ人右腕のライナー・クルーズ(27)だった。

 六回に無死満塁のピンチをつくってマウンドを降りた松井裕の後を受けて登板。絶体絶命のこの場面を3者連続三振の快投で切り抜けたのだ。

 それも、全球ストレート勝負だ。

 まず、浅村を159キロの真っすぐで空振り三振に切って取ると、続く大崎も153キロの直球で空振り三振。最後はうなりをあげるような157キロで炭谷のバットに空を切らせた。

 3人の打者に投じた計11球はすべて153キロ超。球速だけなら、先の球宴で162キロの日本球界最速記録に並んだ日本ハム・大谷翔平のライバルになりえる存在である。

 9試合目の登板で防御率は3・38。いつもいつも目の覚めるような投球をするわけじゃないが、この日の観客はいいものを見た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る