絶体絶命の楽天救ったクルーズ 全球直球3者連続三振の快投

公開日: 更新日:

 いや、凄かった。松井裕樹、先発初勝利なるか ?  で、注目された西武戦。その黄金新人左腕以上に観客の目をくぎ付けにしたのが、6月に途中加入した楽天助っ人右腕のライナー・クルーズ(27)だった。

 六回に無死満塁のピンチをつくってマウンドを降りた松井裕の後を受けて登板。絶体絶命のこの場面を3者連続三振の快投で切り抜けたのだ。

 それも、全球ストレート勝負だ。

 まず、浅村を159キロの真っすぐで空振り三振に切って取ると、続く大崎も153キロの直球で空振り三振。最後はうなりをあげるような157キロで炭谷のバットに空を切らせた。

 3人の打者に投じた計11球はすべて153キロ超。球速だけなら、先の球宴で162キロの日本球界最速記録に並んだ日本ハム大谷翔平のライバルになりえる存在である。

 9試合目の登板で防御率は3・38。いつもいつも目の覚めるような投球をするわけじゃないが、この日の観客はいいものを見た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

もっと見る