絶体絶命の楽天救ったクルーズ 全球直球3者連続三振の快投

公開日: 更新日:

 いや、凄かった。松井裕樹、先発初勝利なるか ?  で、注目された西武戦。その黄金新人左腕以上に観客の目をくぎ付けにしたのが、6月に途中加入した楽天助っ人右腕のライナー・クルーズ(27)だった。

 六回に無死満塁のピンチをつくってマウンドを降りた松井裕の後を受けて登板。絶体絶命のこの場面を3者連続三振の快投で切り抜けたのだ。

 それも、全球ストレート勝負だ。

 まず、浅村を159キロの真っすぐで空振り三振に切って取ると、続く大崎も153キロの直球で空振り三振。最後はうなりをあげるような157キロで炭谷のバットに空を切らせた。

 3人の打者に投じた計11球はすべて153キロ超。球速だけなら、先の球宴で162キロの日本球界最速記録に並んだ日本ハム大谷翔平のライバルになりえる存在である。

 9試合目の登板で防御率は3・38。いつもいつも目の覚めるような投球をするわけじゃないが、この日の観客はいいものを見た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)