中日・大島と長嶋打撃コーチが語る「200本安打」の可能性

公開日: 更新日:

「200安打を打てたらと思っています」

 こう話すのは、中日のリードオフマン・大島洋平(28)。右脇腹を痛めて一時戦列を離れていたものの、安打数はリーグトップの119(25日現在)。史上6人目(青木宣親はヤクルト時代に2度達成)の「年間200安打」を狙っている。

 大島は一昨年、打率・310、172安打をマーク。もともと安打を量産する選手が、昨季は打率・248、124安打と精彩を欠いた。今季の復活について本人は「(利き腕でない)右腕の使い方を意識している」と言う。

「昨季は引っ張ろうという意識が強かった。強い打球を打とうと、始動時に左腕でバットを押し込み、極端に言えば上からバットを振り下ろす感じだった。スイングの途中で右腕の力が抜けてボテボテのゴロだったり、凡打になるケースが多かった。今季は中堅から逆方向への意識を持つようにしている。体が開かない軸足の使い方に加え、感覚としては下からバットを出して、レベルスイングができるように、と思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る