中日・大島と長嶋打撃コーチが語る「200本安打」の可能性

公開日:  更新日:

「200安打を打てたらと思っています」

 こう話すのは、中日のリードオフマン・大島洋平(28)。右脇腹を痛めて一時戦列を離れていたものの、安打数はリーグトップの119(25日現在)。史上6人目(青木宣親はヤクルト時代に2度達成)の「年間200安打」を狙っている。

 大島は一昨年、打率・310、172安打をマーク。もともと安打を量産する選手が、昨季は打率・248、124安打と精彩を欠いた。今季の復活について本人は「(利き腕でない)右腕の使い方を意識している」と言う。

「昨季は引っ張ろうという意識が強かった。強い打球を打とうと、始動時に左腕でバットを押し込み、極端に言えば上からバットを振り下ろす感じだった。スイングの途中で右腕の力が抜けてボテボテのゴロだったり、凡打になるケースが多かった。今季は中堅から逆方向への意識を持つようにしている。体が開かない軸足の使い方に加え、感覚としては下からバットを出して、レベルスイングができるように、と思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る