中日・大島と長嶋打撃コーチが語る「200本安打」の可能性

公開日: 更新日:

「200安打を打てたらと思っています」

 こう話すのは、中日のリードオフマン・大島洋平(28)。右脇腹を痛めて一時戦列を離れていたものの、安打数はリーグトップの119(25日現在)。史上6人目(青木宣親ヤクルト時代に2度達成)の「年間200安打」を狙っている。

 大島は一昨年、打率・310、172安打をマーク。もともと安打を量産する選手が、昨季は打率・248、124安打と精彩を欠いた。今季の復活について本人は「(利き腕でない)右腕の使い方を意識している」と言う。

「昨季は引っ張ろうという意識が強かった。強い打球を打とうと、始動時に左腕でバットを押し込み、極端に言えば上からバットを振り下ろす感じだった。スイングの途中で右腕の力が抜けてボテボテのゴロだったり、凡打になるケースが多かった。今季は中堅から逆方向への意識を持つようにしている。体が開かない軸足の使い方に加え、感覚としては下からバットを出して、レベルスイングができるように、と思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る