日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

甲子園62勝の小倉清一郎コーチ激白「さらば横浜高校」

神奈川県大会準決勝敗退 横浜での23年に終止符

 最後の夏は甲子園で終わりたかった――。

 29日の神奈川大会準決勝、横浜は同じ第1シードの東海大相模と対戦。開幕前から直球が140キロ超の好投手4枚を擁する東海大相模戦が最大のヤマだと思っていた。

 3点を追う九回2死走者なしから、3連打で1点を返し、さらに2死満塁まで攻めたものの、反撃及ばず3-5。3年生には「お疲れさま」と言いたい。

 敗因は中心の3選手が機能しなかったことに尽きる。エースの伊藤将司(3年)が6回5失点で降板。4回戦の湘南戦で10連続三振をマークしたが、その後、テークバックの時に左手首をコックしてしまう悪癖が再発。手元で伸びる伊藤の良さがこの日はなかった。

 打線も援護できなかった。プロ志望の2人にあえて言う。4番の高浜祐仁(3年)はこの日4三振。試合前、私は「インコースを攻めてくるぞ」とアドバイスした。が、序盤に大ファウルを打った後は外一辺倒。広い外角のストライクゾーンをうまく使われているのに、高浜は配球が変わったことに最後まで気が付かなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事