V打で初貢献「男泣き」も…不透明なSB松中の出場機会増

公開日: 更新日:

「どうしましょう。なんかやばいです……」

 昨10日の日本ハム戦。こう言ってお立ち台に立つなり目頭を押さえ始めたのがソフトバンクの松中信彦(40)だった。

 3-3の同点で迎えた五回2死一、二塁。細川の代打として打席に立ち、160キロ右腕の大谷から勝ち越しの左翼線適時二塁打。このところ代打専門で出番が激減、今季初めてチームに貢献できた喜びもあってか、涙腺が緩んだのだろう。

 しかし、冷静に見ればこの涙、「自業自得」と言えなくもない。

「平成唯一の三冠王」と一目置かれるはずの松中が、近年代打専門に成り下がっているのは、長谷川、中村、柳田ら若手選手の成長や自身の故障によるものだけではない。自らの「身勝手な言動」が多すぎるからだ。チームより自分の調整を優先することは球界内では有名で、自らの起用法に不満があるとキレることもしばしば。その最たる例が昨年6月の「事件」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  3. 3

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  4. 4

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  5. 5

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  6. 6

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  7. 7

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  8. 8

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  9. 9

    “ハマのドン”藤木幸夫氏が横浜市長選めぐる質問に謎の大放言!海外プレスもア然

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る