日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

代表初召集のMF森岡 背番号「10」 でもスタメンは不透明

 札幌で合宿を張っているアギーレ・ジャパンの関心事のひとつに「背番号問題」があった。「エース番号10は誰が付けるのか」である。

 ブラジルW杯で10を背負ったFW香川真司(25)は今回招集外。その間隙を突く格好で「“王様”本田圭佑が10番を強奪するのでは?」というあったが、代表初招集の神戸MF森岡亮太(23)の手にあっさりと渡った。

「招集メンバーの中でただ一人、所属クラブで10を付けているし、そもそもトップ下でプレーしている。背番号10のイメージ通りの選手、違和感はありません。それに、履いているスパイクがアディダスというのも大きい。日本代表の大スポンサーなので、アディダスの契約選手が10番を付けるのがひとつの前提です。ミズノと契約している本田は、香川がいなくてもチャンスは少ないのです」(スポーツ紙記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事