ソチ五輪のとばっちりを食ったラグビー日本選手権

公開日:  更新日:

 ソチ五輪フィーバー、バカ騒ぎに揺れる日本列島だが、思わぬとばっちりを食ったのがラグビー協会だ。例年2月といえばラグビーシーズンのハイライト。日本選手権の戦いが繰り広げられるからだ。それが今年は準決勝が3月1日、決勝が9日とずれ込んでいる。

 ソチ五輪を避けたわけではない。担当記者がこう言う。

「NHKが中継できないからです。2月8日から23日までのソチ五輪の期間中はスポーツ番組はオリンピックにほとんどかかりっきり。とてもラグビーまで手が回らないそうです。ソチと2016年のリオ五輪と合わせて、NHKと民放は約360億円の放送権料を払っているが、大半はNHKが負担している。日曜日の午後はソチ五輪の生中継や録画を流す。同時間帯にラグビーを中継してバッティングさせる必要はないでしょう」

 ラグビー協会にとってもソチ・フィーバーの陰でひっそりやるより、延期の方がいいかも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る