7人制ラグビー入団 元オリ梶本勇介の“挑戦”は成功するか

公開日:  更新日:

 これこそ「ヒョウタンから駒」だ。

 16年リオ五輪から正式採用される7人制ラグビー。代表選手を育成するため、元ラグビー日本代表の吉田義人氏が設立したのが「サムライ東京セブンズラグビークラブ」だ。昨秋はプロ野球のトライアウト会場で勧誘の書類を配布。大半の選手は本気にせず、「売名行為だろう」なんて思われていた。

 ところが、16日に発表された「サムライ東京」の正式メンバー21人の中にいたのが元オリックスの梶本勇介(30)だ。

 もちろん、ラグビーは初心者。「ちょっとずつだけど、ついていけるようになった」と言い、正式に転向するかはまだ決めていないという。

 16年リオ五輪まで、たった2年。その間にズブの素人が五輪選手になれば、それこそマンガの世界だろう。もっとも、昨季クビになったとはいえ、7人制ラグビーで要求される肩と走力には定評のあった梶本。プロ野球でこそ通算147試合で打率.199だったが、2年後のブラジルではロングパスにトライと大活躍しているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る