• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7人制ラグビー入団 元オリ梶本勇介の“挑戦”は成功するか

 これこそ「ヒョウタンから駒」だ。

 16年リオ五輪から正式採用される7人制ラグビー。代表選手を育成するため、元ラグビー日本代表の吉田義人氏が設立したのが「サムライ東京セブンズラグビークラブ」だ。昨秋はプロ野球のトライアウト会場で勧誘の書類を配布。大半の選手は本気にせず、「売名行為だろう」なんて思われていた。

 ところが、16日に発表された「サムライ東京」の正式メンバー21人の中にいたのが元オリックスの梶本勇介(30)だ。

 もちろん、ラグビーは初心者。「ちょっとずつだけど、ついていけるようになった」と言い、正式に転向するかはまだ決めていないという。

 16年リオ五輪まで、たった2年。その間にズブの素人が五輪選手になれば、それこそマンガの世界だろう。もっとも、昨季クビになったとはいえ、7人制ラグビーで要求される肩と走力には定評のあった梶本。プロ野球でこそ通算147試合で打率.199だったが、2年後のブラジルではロングパスにトライと大活躍しているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る