7人制ラグビー入団 元オリ梶本勇介の“挑戦”は成功するか

公開日:  更新日:

 これこそ「ヒョウタンから駒」だ。

 16年リオ五輪から正式採用される7人制ラグビー。代表選手を育成するため、元ラグビー日本代表の吉田義人氏が設立したのが「サムライ東京セブンズラグビークラブ」だ。昨秋はプロ野球のトライアウト会場で勧誘の書類を配布。大半の選手は本気にせず、「売名行為だろう」なんて思われていた。

 ところが、16日に発表された「サムライ東京」の正式メンバー21人の中にいたのが元オリックスの梶本勇介(30)だ。

 もちろん、ラグビーは初心者。「ちょっとずつだけど、ついていけるようになった」と言い、正式に転向するかはまだ決めていないという。

 16年リオ五輪まで、たった2年。その間にズブの素人が五輪選手になれば、それこそマンガの世界だろう。もっとも、昨季クビになったとはいえ、7人制ラグビーで要求される肩と走力には定評のあった梶本。プロ野球でこそ通算147試合で打率.199だったが、2年後のブラジルではロングパスにトライと大活躍しているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る