• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天銀次5敬遠 野球ファンを愚弄する「タイトル争い」の醜悪

 またか、である。4日のコボスタ宮城で起きた、オリックス投手陣による楽天銀次(26)への5打席連続敬遠。試合前までは打率.331の糸井(33)を.326の銀次が追う形となっており、ヒットを打たせないための露骨な敬遠策だと物議をかもした。

 ただし、楽天側も被害者と呼べるかどうか。9月下旬に糸井の打率を抜いた銀次が翌日から欠場。当時は足のケガといわれていたが、再び糸井が首位打者に返り咲いた直後に出場してヒットを打ち、再逆転。その後も糸井に打率を抜かれるたびに、出場と欠場を繰り返しているのだ。

■「上原の涙」から何も変わらず

 オリックスの敬遠策も銀次の欠場もベンチの指示には違いない。プロ野球ではこうしたベンチ主導のタイトル争いが頻繁に行われてきた。

 松井(巨人)とペタジーニ(ヤクルト)が本塁打王を争っていた99年。このカードの最終戦では互いの投手陣が当事者たちを四球で歩かせ、ペタジーニを敬遠した上原(現レッドソックス)は勝負できない悔しさのあまり、涙を流したほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る