3頭すべてに弱点…凱旋門賞で日本馬の成績散々だった理由

公開日: 更新日:

 オルフェーヴルによって一時は近づいたはずの世界制覇が、また少し遠のいた――。日本時間で5日(日)の23時30分発走の仏GⅠ凱旋門賞(ロンシャン競馬場、芝二千四百メートル)で日本馬3頭はいずれも大きな見せ場はつくれなかった。

 馬場状態は“良”で、勝ったのは昨年の勝ち馬トレヴ。時計は2分26秒05だった。

 日本の最先着はハープスターで6着。ジャスタウェイが8着で、ゴールドシップは14着と散々な結果に終わった。

 オルフェが2年連続で2着し、今年は日本のトップクラス3頭が遠征。「今度こそ」というムードが漂っていたが、実はいずれもが大きな弱点を抱えていた。

 ハープスターは3歳牝馬とあって斤量は軽くても、キャリアが浅く、環境の変化によるプレッシャーは大きい。また、フルゲート20頭立てでこれまでのように外を回して届くのか、という懸念があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る