• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3頭すべてに弱点…凱旋門賞で日本馬の成績散々だった理由

 オルフェーヴルによって一時は近づいたはずの世界制覇が、また少し遠のいた――。日本時間で5日(日)の23時30分発走の仏GⅠ凱旋門賞(ロンシャン競馬場、芝二千四百メートル)で日本馬3頭はいずれも大きな見せ場はつくれなかった。

 馬場状態は“良”で、勝ったのは昨年の勝ち馬トレヴ。時計は2分26秒05だった。

 日本の最先着はハープスターで6着。ジャスタウェイが8着で、ゴールドシップは14着と散々な結果に終わった。

 オルフェが2年連続で2着し、今年は日本のトップクラス3頭が遠征。「今度こそ」というムードが漂っていたが、実はいずれもが大きな弱点を抱えていた。

 ハープスターは3歳牝馬とあって斤量は軽くても、キャリアが浅く、環境の変化によるプレッシャーは大きい。また、フルゲート20頭立てでこれまでのように外を回して届くのか、という懸念があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る