日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3頭すべてに弱点…凱旋門賞で日本馬の成績散々だった理由

 オルフェーヴルによって一時は近づいたはずの世界制覇が、また少し遠のいた――。日本時間で5日(日)の23時30分発走の仏GⅠ凱旋門賞(ロンシャン競馬場、芝二千四百メートル)で日本馬3頭はいずれも大きな見せ場はつくれなかった。

 馬場状態は“良”で、勝ったのは昨年の勝ち馬トレヴ。時計は2分26秒05だった。

 日本の最先着はハープスターで6着。ジャスタウェイが8着で、ゴールドシップは14着と散々な結果に終わった。

 オルフェが2年連続で2着し、今年は日本のトップクラス3頭が遠征。「今度こそ」というムードが漂っていたが、実はいずれもが大きな弱点を抱えていた。

 ハープスターは3歳牝馬とあって斤量は軽くても、キャリアが浅く、環境の変化によるプレッシャーは大きい。また、フルゲート20頭立てでこれまでのように外を回して届くのか、という懸念があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事