日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

柴田大知騎手が語った ドン底からGIジョッキーへの軌跡

 丸2年も勝ち星のないドン底から、GIジョッキーへ。成績が下がり続けると早めに引退する騎手が多い中で、柴田大知は見事に這い上がった。13年はマイネルホウオウでGINHKマイルCを制覇して「忘れられない年」に。今回、あらためて競馬に乗れなかった過去、そしてこの一年を振り返ってもらった。

――13年は忘れられない年になったのでは。
「そうですね。これまでで最高の勝ち星を挙げられましたし、マイネルホウオウで初めて平地のGIを勝つことができました。充実した一年でしたね」

――06、07年と2年連続で勝ち星がありませんでした。
「それを考えたら信じられない話ですよね。今だから言えますが、当時は週末、トレセンで攻め馬ばかり。テンションが下がりまくってましたよ(苦笑い)」

――騎手を辞めることは考えませんでしたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事