日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロ軍右腕ガスリー 「侮辱Tシャツ」を謝罪し“場外戦”で完敗

 ア・リーグの優勝決定戦は場外戦もヒートアップしていた。

 ロイヤルズのベテラン先発右腕ジェレミー・ガスリー(35)がオリオールズファンを必要以上に刺激して謝罪に追い込まれた。

 ガスリーの行動が問題視されたのは第3戦が行われた14日の試合後の記者会見。この試合に先発して5回を1失点と好投し、チームの3連勝に貢献したガスリーは対戦相手のオリオールズとファンを侮辱するメッセージが書かれたTシャツを着て会見に応じたのだ。

 Tシャツには「オリオールズは王様ではない」などとプリントされており、これを一部の地元メディアやファンがSNSで猛抗議。ガスリーは11年までオリオールズに所属していたこともあり、かつてのチームメートからもメールなどで非難されたという。

 15日の第4戦を前に会見したガスリーは、問題のTシャツはファンからプレゼントされたと明かし「何も考えずに着てしまった。軽率な行為だった」と謝罪した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事