7度目防衛成功で敵なし 山中慎介に「海外で防衛戦を」の声

公開日:  更新日:

 22日に行われたWBC世界バンタム級王者山中慎介(32)の7度目の防衛戦。山中は挑戦者のスリヤン・ソールンビサイ(25)に3-0で判定勝ち。7、8、9ラウンドに計3度のダウンを奪うも、具志堅用高(元WBAライトフライ級王者)の持つ世界戦6連続KOには届かなかった。

「山中は序盤、流れを掴めなかったのか、動きが直線的。パンチも少なく、スリヤンのノーモーションの右を何発か食らっていました。ただ、スリヤンは距離を潰すための右を打った直後は体が流れるクセがあった。山中はそこに合わせて得意の左を重ね、後半を圧倒した。負けたスリヤンですが、山中の得意の左をあれだけ食らって倒れないのだから大したものですよ」 (スポーツライターの多い織田淳太郎氏)

 試合後は「納得いかないお客さんもいるかもしれないけど、まだまだ負ける気がしない。(次は)統一戦をしたい」と豪語した山中は、もともと米国で王座統一戦の構想を持っている。だが、敵地となればホームアドバンテージはない。環境、気候、現地ファンのすべてが不利に働く。これまで海外で防衛戦を成功させた日本人は渡辺二郎(元WBA・WBCスーパーフライ級王者)、西岡利晃(元WBCスーパーバンタム級王者)、三浦隆司(現WBCスーパーフェザー級王者)、亀田和毅(現WBO世界バンタム級王者)の4人しかいない。前出の織田氏は「それでも山中は海外で防衛戦をやるべきでしょう」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る