7度目防衛成功で敵なし 山中慎介に「海外で防衛戦を」の声

公開日:  更新日:

 22日に行われたWBC世界バンタム級王者山中慎介(32)の7度目の防衛戦。山中は挑戦者のスリヤン・ソールンビサイ(25)に3-0で判定勝ち。7、8、9ラウンドに計3度のダウンを奪うも、具志堅用高(元WBAライトフライ級王者)の持つ世界戦6連続KOには届かなかった。

「山中は序盤、流れを掴めなかったのか、動きが直線的。パンチも少なく、スリヤンのノーモーションの右を何発か食らっていました。ただ、スリヤンは距離を潰すための右を打った直後は体が流れるクセがあった。山中はそこに合わせて得意の左を重ね、後半を圧倒した。負けたスリヤンですが、山中の得意の左をあれだけ食らって倒れないのだから大したものですよ」 (スポーツライターの多い織田淳太郎氏)

 試合後は「納得いかないお客さんもいるかもしれないけど、まだまだ負ける気がしない。(次は)統一戦をしたい」と豪語した山中は、もともと米国で王座統一戦の構想を持っている。だが、敵地となればホームアドバンテージはない。環境、気候、現地ファンのすべてが不利に働く。これまで海外で防衛戦を成功させた日本人は渡辺二郎(元WBA・WBCスーパーフライ級王者)、西岡利晃(元WBCスーパーバンタム級王者)、三浦隆司(現WBCスーパーフェザー級王者)、亀田和毅(現WBO世界バンタム級王者)の4人しかいない。前出の織田氏は「それでも山中は海外で防衛戦をやるべきでしょう」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る