一軍復帰後の防御率0点台 ソフトバンク武田が優勝の切り札

公開日: 更新日:

「緊張感は常にあります。苦しみながらのピッチングだったけど、粘れたかなと」

 お立ち台でこう言ったのが、ソフトバンクの武田翔太(21)だ。オリックスとの首位攻防3連戦に先発のトリとして出場。6四死球と制球に苦しみながら、6回3分の1を4安打無失点に抑えて3勝目(1敗)。2位オリックスとのゲーム差を3.5に広げた。

 武田は12年に高卒ルーキーながら8勝1敗の好成績。しかし、その反動で疲労が蓄積。右肩痛を発症し、昨季は4勝4敗だった。一軍復帰は今季の8月だ。

 武田にとっては右肩痛程度で悩んでいるわけにはいかない。なにせ、父の重次さんは武田が生まれる前に交通事故で右腕の自由を失った。現在も肩から下は動かない。それでも息子とのキャッチボールに付き合う時は、左手で捕ると一度グラブを外して返球していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  10. 10

    巨人は来オフ燕・山田哲狙いか “キーマン”吉川尚に正念場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る