ソフトBドラ5・島袋洋奨 父が2歳で与えた「左用グラブ」

公開日:  更新日:

 沖縄県国頭郡今帰仁村――沖縄の北部に位置し、世界遺産にも登録されている「今帰仁城」があることでも知られている。この自然豊かな村で島袋の両親は生まれた。

「自然が多いといいますが、何もない田舎ですよ(笑い)。旦那の実家は城のすぐ近くにあるんです」

 こう話すのは、母の美由紀さん(51)だ。

 父の直司さん(54)は元高校球児。今帰仁村にある北山高校で、甲子園出場を目指して汗を流していた。美由紀さんと知り合ったのも、野球部の同級生の妹という縁。バレーボール部だった美由紀さんは兄の応援のため、球場に行くことも多かったという。

 エースだった直司さんは県ベスト8の壁を破ることができなかった。

「私の頃の沖縄は栽監督率いる豊見城高校の全盛期。赤嶺(元巨人)、石嶺(元阪急)らが私たちの世代です。県ベスト8までは行ったんですけど、豊見城高校にやられてしまいまして……」(直司さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る