ソフトBドラ5・島袋洋奨 父が2歳で与えた「左用グラブ」

公開日:  更新日:

 沖縄県国頭郡今帰仁村――沖縄の北部に位置し、世界遺産にも登録されている「今帰仁城」があることでも知られている。この自然豊かな村で島袋の両親は生まれた。

「自然が多いといいますが、何もない田舎ですよ(笑い)。旦那の実家は城のすぐ近くにあるんです」

 こう話すのは、母の美由紀さん(51)だ。

 父の直司さん(54)は元高校球児。今帰仁村にある北山高校で、甲子園出場を目指して汗を流していた。美由紀さんと知り合ったのも、野球部の同級生の妹という縁。バレーボール部だった美由紀さんは兄の応援のため、球場に行くことも多かったという。

 エースだった直司さんは県ベスト8の壁を破ることができなかった。

「私の頃の沖縄は栽監督率いる豊見城高校の全盛期。赤嶺(元巨人)、石嶺(元阪急)らが私たちの世代です。県ベスト8までは行ったんですけど、豊見城高校にやられてしまいまして……」(直司さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る