新ラケット披露の錦織 ガット張り職人も「要求厳しい」と悲鳴

公開日:  更新日:

 男子テニスの錦織圭(24)が昨20日、契約するスポーツ用品メーカーの新商品発表会に出席。来季使用する自身のラケットもお披露目した。「これまで以上に(打球の)スピードが欲しかったので作ってもらいました」(錦織)と話したように、フレームの内側に「ハイパフォーマンスカーボン」といわれる特殊素材を組み込むことで約10キロのスピードアップが実現したという。これまで以上に最強の武器を手に入れた。

 テニスはトップの選手になるほど、実力に加えてラケットの質も勝敗を左右する。錦織の用具へのこだわりについて、7年間にわたってストリンガー(ガット張り職人)を務める細谷理氏(44)がこう証言する。

「トップの選手は常にいいプレーをするため、用具に質の高さを求めますが、錦織も例外ではありません。常に自分に合ったものを追い求めています。ガットの張り具合(テンション)にも敏感で、『もう少し、硬めがいい(軟らかめがいい)』と要望してきます。テンションの調整は1ポンド(約453グラム)単位で負荷を与えて行いますが、一度、細かいことを言われたので『0.1ポンドでやるか』と勧めたこともありました。実際に調整したのは0.5ポンドでした。0.1ポンドの張りの差が分かる選手がいるかどうかはわかりませんが、繊細な感覚の持ち主の錦織なら分かるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る