立ち会い後は“無気力”の逸ノ城に「相撲を甘く見ている」の声

公開日:  更新日:

 あまりにあっけない「モンゴルの怪物」の姿に、大関豪栄道も首をかしげた。

 大相撲冬巡業で、関脇の逸ノ城(21)が極端な稽古を見せている。立ち合いこそ気合を入れているが、ぶつかった後は無気力もいいところ。豪栄道との14番中、12番で無抵抗のまま寄り切られた。

 それでも逸ノ城は、「立ち合いだけに集中した。後はどうでもいい」とあっけらかん。九州場所では立ち合いの弱さが指摘されていただけに、弱点の強化に余念がないといった具合だ。

 しかし、果たしてそんな稽古でいいのか。常に立ち合いで相手を圧倒できるわけではない。不利な体勢からでも勝てる相撲も必要だろう。

■「稽古で本気を出さなければ強くなれない」

 相撲評論家の中澤潔氏は「相撲を甘く見ているのでは?」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る