広島マエケン 競馬もマー君を追って「GIプレゼンター」狙い

公開日: 更新日:

 広島前田健太(26)が12日、後輩の中田、大瀬良、中崎を従えて中山競馬場に来場。トーセンアルニカが制した第10レース迎春ステークスのプレゼンターを務め、木村調教師(左)、ベリー騎手(中央)との記念写真に納まった。

 競馬といえば、同じ年のヤンキース・田中将大の専売特許。大きなレースになるとスポーツ紙などで自ら積極的に馬券予想を買って出て、昨年のジャパンカップでは、一昨年の有馬記念に続いてプレゼンターを務めた。

 自他共に認める田中のライバルである前田も今季終了後にはメジャーへの移籍が確実視される。高校時代から常に一歩先を行く田中の後を追い、いずれGⅠのプレゼンターも奪い取ってやるつもりだったりして。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  8. 8

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

もっと見る