• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島マエケン 競馬もマー君を追って「GIプレゼンター」狙い

 広島の前田健太(26)が12日、後輩の中田、大瀬良、中崎を従えて中山競馬場に来場。トーセンアルニカが制した第10レース迎春ステークスのプレゼンターを務め、木村調教師(左)、ベリー騎手(中央)との記念写真に納まった。

 競馬といえば、同じ年のヤンキース・田中将大の専売特許。大きなレースになるとスポーツ紙などで自ら積極的に馬券予想を買って出て、昨年のジャパンカップでは、一昨年の有馬記念に続いてプレゼンターを務めた。

 自他共に認める田中のライバルである前田も今季終了後にはメジャーへの移籍が確実視される。高校時代から常に一歩先を行く田中の後を追い、いずれGⅠのプレゼンターも奪い取ってやるつもりだったりして。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

もっと見る