• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島マエケン 競馬もマー君を追って「GIプレゼンター」狙い

 広島の前田健太(26)が12日、後輩の中田、大瀬良、中崎を従えて中山競馬場に来場。トーセンアルニカが制した第10レース迎春ステークスのプレゼンターを務め、木村調教師(左)、ベリー騎手(中央)との記念写真に納まった。

 競馬といえば、同じ年のヤンキース・田中将大の専売特許。大きなレースになるとスポーツ紙などで自ら積極的に馬券予想を買って出て、昨年のジャパンカップでは、一昨年の有馬記念に続いてプレゼンターを務めた。

 自他共に認める田中のライバルである前田も今季終了後にはメジャーへの移籍が確実視される。高校時代から常に一歩先を行く田中の後を追い、いずれGⅠのプレゼンターも奪い取ってやるつもりだったりして。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る