日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島マエケン 競馬もマー君を追って「GIプレゼンター」狙い

 広島の前田健太(26)が12日、後輩の中田、大瀬良、中崎を従えて中山競馬場に来場。トーセンアルニカが制した第10レース迎春ステークスのプレゼンターを務め、木村調教師(左)、ベリー騎手(中央)との記念写真に納まった。

 競馬といえば、同じ年のヤンキース・田中将大の専売特許。大きなレースになるとスポーツ紙などで自ら積極的に馬券予想を買って出て、昨年のジャパンカップでは、一昨年の有馬記念に続いてプレゼンターを務めた。

 自他共に認める田中のライバルである前田も今季終了後にはメジャーへの移籍が確実視される。高校時代から常に一歩先を行く田中の後を追い、いずれGⅠのプレゼンターも奪い取ってやるつもりだったりして。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事