広島マエケン 競馬もマー君を追って「GIプレゼンター」狙い

公開日:  更新日:

 広島の前田健太(26)が12日、後輩の中田、大瀬良、中崎を従えて中山競馬場に来場。トーセンアルニカが制した第10レース迎春ステークスのプレゼンターを務め、木村調教師(左)、ベリー騎手(中央)との記念写真に納まった。

 競馬といえば、同じ年のヤンキース・田中将大の専売特許。大きなレースになるとスポーツ紙などで自ら積極的に馬券予想を買って出て、昨年のジャパンカップでは、一昨年の有馬記念に続いてプレゼンターを務めた。

 自他共に認める田中のライバルである前田も今季終了後にはメジャーへの移籍が確実視される。高校時代から常に一歩先を行く田中の後を追い、いずれGⅠのプレゼンターも奪い取ってやるつもりだったりして。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る