“怪物”に早くも「元」がつけられた逸ノ城 親方衆から苦言

公開日: 更新日:

 日に日に声が小さくなる。

「右差しを狙ったが、足が揃ってしまった……」

 大相撲初場所5日目、初顔合わせの小結高安に敗れた関脇逸ノ城(21)。大関琴奨菊を破った前日は、立ち合いの変化で、ファンからブーイングを浴びた。親方衆からも「立ち合い変化は悪いクセ。正々堂々とやれ」と苦言を呈されて迎えたこの日は、正面から当たったが、高安にいなされ、あっさり土俵を割ってションボリである。

 新入幕となった昨年の9月場所で13勝2敗、いきなり優勝争いを演じて「怪物」ともてはやされながら、翌11月場所は8勝7敗。この初場所も2勝3敗と黒星が先行し、角界では早くも、怪物の前に「元」がつけられ語られるようになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る