巨人正捕手争いに原監督言及 「小林と相川で」に込めた意味

公開日: 更新日:

「阿部、村田、杉内、内海、この4人に頼らないチームをつくると。従って(坂本)勇人、長野、菅野、沢村、小林であったり……。最初の4人以外でつくっていくんだと思っている」

 巨人原辰徳監督(56)が13日、客員教授を務める国際武道大で毎年恒例の講義を行い、司会を務めた同大学野球部の岩井監督に「今年期待する選手は?」と問われてこう話した。

 長年、正捕手として君臨してきた大黒柱の阿部が、一塁へ完全コンバートされる今季。2年目を迎える捕手の小林誠司(25)にかかる期待は大きいのだが、原監督はこうも言った。

「小林も(阿部)慎之助の後を守るという点では大変だろう。しかし、相川というパフォーマンスの高い捕手がいる(ヤクルトからFA入団)。(ホーム)ベースを2人で守ってくれたらと思っている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る