株上がる遠藤、苦戦の逸ノ城 何が2人の“明暗”を分けたのか

公開日:  更新日:

 期待の若手力士2人の明暗が分かれた。

 ザンバラ髪のイケメン力士として13年に颯爽とデビューしたのが遠藤(24)。しかし、技に頼りがちで「下位には強いが上位には弱い」という相撲を繰り返していた。

 昨年9月場所にやはりザンバラ髪で幕内に現れたのが「モンゴルの怪物」逸ノ城(21)。新入幕で12勝3敗と土俵を圧倒し、わずか1場所で関脇に昇進した。

 その2人が初場所で苦しんでいる。12日目、遠藤は高安に勝つも、すでに8敗で負け越しは決まっている。逸ノ城は結びの一番で横綱日馬富士に立ち合い変化でかわされ、初の負け越しとなる8敗目を喫した。

 いずれも伸び悩む両者だが、角界での評価は真っ二つ。株を上げているのは遠藤だ。北の湖理事長(元横綱)が言う。


「遠藤は以前に比べて、立ち合いの当たりが良くなっている。結果的に白星に結びついてはいないが、これまで以上に攻める姿勢が出ている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る