全豪OP 錦織が格下相手に序盤苦戦“ヒヤヒヤ勝利”の理由

公開日:  更新日:

 全豪オープンで3回戦に進出した錦織圭(25=世界ランク5位)の苦戦が続いている。

 22日の2回戦は世界ランク86位のドディグ(30=クロアチア)を相手に序盤からミスを連発。本人が「簡単な相手ではなかった。攻撃的でつらい戦いだった」と話したとおり、第1セットを4-6で落とし、第4セットも先にブレークされタイブレークにまでもつれた。

 20日に行われた1回戦(対アルマグロ戦)も、同69位の相手にストレート勝ちしたとはいえ、強烈なサーブに押されるシーンが目立った。

 現地で取材を続けるテニスジャーナリストの塚越亘氏は厳しい戦いの背景をこう見ている。

「錦織が序盤に押されているのは、自分のテニスを押し付けるのではなく、相手を見ているからです。世界ランクが上がったことで追われる立場になり、対戦相手からも徹底研究されている。その対策として『相手の出方』を見たうえで、ゲームプランを立てている。2回戦で対戦したドディグはラリーが得意なのに、今回はこれまでの試合では見せなかったサーブ&ボレーやリターンで攻めてきた。いつもと違う攻撃パターンに主導権を握られた。錦織は劣勢の間も対処法を探っていた。中盤以降は相手の動きを読み、終盤の勝負どころで確実にポイントを奪ったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る