• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全豪OP 錦織が格下相手に序盤苦戦“ヒヤヒヤ勝利”の理由

 全豪オープンで3回戦に進出した錦織圭(25=世界ランク5位)の苦戦が続いている。

 22日の2回戦は世界ランク86位のドディグ(30=クロアチア)を相手に序盤からミスを連発。本人が「簡単な相手ではなかった。攻撃的でつらい戦いだった」と話したとおり、第1セットを4-6で落とし、第4セットも先にブレークされタイブレークにまでもつれた。

 20日に行われた1回戦(対アルマグロ戦)も、同69位の相手にストレート勝ちしたとはいえ、強烈なサーブに押されるシーンが目立った。

 現地で取材を続けるテニスジャーナリストの塚越亘氏は厳しい戦いの背景をこう見ている。

「錦織が序盤に押されているのは、自分のテニスを押し付けるのではなく、相手を見ているからです。世界ランクが上がったことで追われる立場になり、対戦相手からも徹底研究されている。その対策として『相手の出方』を見たうえで、ゲームプランを立てている。2回戦で対戦したドディグはラリーが得意なのに、今回はこれまでの試合では見せなかったサーブ&ボレーやリターンで攻めてきた。いつもと違う攻撃パターンに主導権を握られた。錦織は劣勢の間も対処法を探っていた。中盤以降は相手の動きを読み、終盤の勝負どころで確実にポイントを奪ったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る