ワウリンカは周到に研究 錦織完敗で見えた「格上撃破」の課題

公開日: 更新日:

「完敗」だった。全豪テニス準々決勝(28日)の錦織圭(25=世界ランク5位)は、前回王者のワウリンカ(29=同4位)にセットカウント0-3で敗れた。

 試合は序盤から、最速221キロの強烈サーブを武器とするワウリンカの猛攻に防戦一方。あっさり2セットを連取されると、第3セットもタイブレークから踏ん張れず、ストレート負けだった。

 錦織は試合後、「第1、第2セットは明らかに押されていた。相手のサーブがまったく読めなかった。焦った」と語った。

 錦織はこの試合、最初から力みが見えて硬くなっていた。ワウリンカは前回の全米オープンでの敗戦を踏まえ、錦織のサーブ対応などを研究。コースが読まれないように工夫した結果、20本もサービスエースを決めた(錦織6本)。第1サーブが決まってポイントを奪った確率はワウリンカ86%、錦織74%だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

  9. 9

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る