ワウリンカは周到に研究 錦織完敗で見えた「格上撃破」の課題

公開日:  更新日:

「完敗」だった。全豪テニス準々決勝(28日)の錦織圭(25=世界ランク5位)は、前回王者のワウリンカ(29=同4位)にセットカウント0-3で敗れた。

 試合は序盤から、最速221キロの強烈サーブを武器とするワウリンカの猛攻に防戦一方。あっさり2セットを連取されると、第3セットもタイブレークから踏ん張れず、ストレート負けだった。

 錦織は試合後、「第1、第2セットは明らかに押されていた。相手のサーブがまったく読めなかった。焦った」と語った。

 錦織はこの試合、最初から力みが見えて硬くなっていた。ワウリンカは前回の全米オープンでの敗戦を踏まえ、錦織のサーブ対応などを研究。コースが読まれないように工夫した結果、20本もサービスエースを決めた(錦織6本)。第1サーブが決まってポイントを奪った確率はワウリンカ86%、錦織74%だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る