ワウリンカは周到に研究 錦織完敗で見えた「格上撃破」の課題

公開日:  更新日:

「完敗」だった。全豪テニス準々決勝(28日)の錦織圭(25=世界ランク5位)は、前回王者のワウリンカ(29=同4位)にセットカウント0-3で敗れた。

 試合は序盤から、最速221キロの強烈サーブを武器とするワウリンカの猛攻に防戦一方。あっさり2セットを連取されると、第3セットもタイブレークから踏ん張れず、ストレート負けだった。

 錦織は試合後、「第1、第2セットは明らかに押されていた。相手のサーブがまったく読めなかった。焦った」と語った。

 錦織はこの試合、最初から力みが見えて硬くなっていた。ワウリンカは前回の全米オープンでの敗戦を踏まえ、錦織のサーブ対応などを研究。コースが読まれないように工夫した結果、20本もサービスエースを決めた(錦織6本)。第1サーブが決まってポイントを奪った確率はワウリンカ86%、錦織74%だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る