日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ワウリンカは周到に研究 錦織完敗で見えた「格上撃破」の課題

「完敗」だった。全豪テニス準々決勝(28日)の錦織圭(25=世界ランク5位)は、前回王者のワウリンカ(29=同4位)にセットカウント0-3で敗れた。

 試合は序盤から、最速221キロの強烈サーブを武器とするワウリンカの猛攻に防戦一方。あっさり2セットを連取されると、第3セットもタイブレークから踏ん張れず、ストレート負けだった。

 錦織は試合後、「第1、第2セットは明らかに押されていた。相手のサーブがまったく読めなかった。焦った」と語った。

 錦織はこの試合、最初から力みが見えて硬くなっていた。ワウリンカは前回の全米オープンでの敗戦を踏まえ、錦織のサーブ対応などを研究。コースが読まれないように工夫した結果、20本もサービスエースを決めた(錦織6本)。第1サーブが決まってポイントを奪った確率はワウリンカ86%、錦織74%だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事