日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

周囲は「また捕まった」と…日ハム大谷を狙う“獅子身中の虫”

「熱心だし、それなりの理論も持っているんですけど、何しろ好き嫌いが激しくてね。自分になびかない選手に対してはクソミソで、平気で干したりもする。フロントも頭を抱えてますよ」

 日本ハムのあるOBがこう言った。「フロントが頭を抱えている」のは某コーチだ。

「弁が立つせいか、タニマチも多い。それならひとりで出掛ければいいものを、厄介なのはタニマチとの食事にコーチや若手を連れていこうとすることなんです。そうやって食事しながら、コーチや選手を懐柔しようとする。若い連中の面倒をみるのは構わないんですが、自分に従わないと、手のひらを返して冷遇しますからね」(同)

 キャンプ中、某コーチが若手を伴って外出するシーンを偶然見たフロントは「また、ひとり捕まったよ」とつぶやいたそうだ。

 そんな某コーチが、ひそかに狙っているのがあの大谷とか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事