周囲は「また捕まった」と…日ハム大谷を狙う“獅子身中の虫”

公開日:  更新日:

「熱心だし、それなりの理論も持っているんですけど、何しろ好き嫌いが激しくてね。自分になびかない選手に対してはクソミソで、平気で干したりもする。フロントも頭を抱えてますよ」

 日本ハムのあるOBがこう言った。「フロントが頭を抱えている」のは某コーチだ。

「弁が立つせいか、タニマチも多い。それならひとりで出掛ければいいものを、厄介なのはタニマチとの食事にコーチや若手を連れていこうとすることなんです。そうやって食事しながら、コーチや選手を懐柔しようとする。若い連中の面倒をみるのは構わないんですが、自分に従わないと、手のひらを返して冷遇しますからね」(同)

 キャンプ中、某コーチが若手を伴って外出するシーンを偶然見たフロントは「また、ひとり捕まったよ」とつぶやいたそうだ。

 そんな某コーチが、ひそかに狙っているのがあの大谷とか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る