1部リーグでも手取り15万円 女子ソフト選手の厳しい現実

公開日:  更新日:

「五輪競技に復活し、再び世間の関心が集まれば取り巻く環境は激変するだろう」――。

 今、ソフトボール関係者の間ではこんな話題でもちきりだ。08年の北京五輪を最後に野球と共に正式種目から除外されて以降、ソフトボール界には逆風が吹き続けている。北京五輪までは最高の「特A」にランクされていた日本オリンピック委員会の強化費配分ランクも、五輪除外を受けて一気に「D」に降格。年間7000万円だった強化費は300万円に減額された。

 エース上野由岐子(32・ビックカメラ)の活躍で金メダルを獲得した北京五輪の後は、一時注目度が高まった。09年の日本リーグ女子開幕戦は史上初めて1部の12チームが西武ドームに集結して開幕戦を行ったこともあり、その時の観衆は2日間合計で1万人に達した。

 しかし、この盛り上がりは一過性に過ぎず、その後、観客動員は低迷。公式には発表されていないものの、日本リーグの1試合当たりの平均観客動員数は1500人程度。カードによっては1000人に満たないケースもあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る