怪物・逸ノ城を“子分”にしようと 「新旧モンゴル横綱」が火花

公開日:  更新日:

 元横綱が「こいつは凄いぞ。オレが面倒を見てやろう」と片手を引っ張れば、現横綱は「いやいや、これはウチの子だから」ともう一方の手を離さない。両腕をガッチリ掴まれた逸ノ城(21)の心境は――。

 昨年、鮮烈なデビューを果たした「モンゴルの怪物」逸ノ城。相撲の取り口に悩んでいる節はあるものの、いずれは大関、横綱になる逸材と誰もが認めている。

 そんな気鋭の後輩の取り合いをしているのが、新旧モンゴル人横綱だ。新入幕前、何かと目をかけていたのが白鵬(30)。192センチ、200キロというモンゴル人離れした体格に瞠目し、親しい関係者には「自分の現役中に横綱になれる」と漏らしていた。露骨に接触することはないにせよ、メディアを通じて「いかに逸ノ城が凄いか」をとうとうと語ってきた。

 ところが、逸ノ城の露出が多くなると、「アノ男」が目をつけた。元横綱の朝青龍(34)だ。誰もが閲覧できるツイッターで「こいつは横綱になる!」と発言。今では電話でアドバイスを送ることもあるというのだから、現役さながらの怒涛の攻めだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る