怪物・逸ノ城を“子分”にしようと 「新旧モンゴル横綱」が火花

公開日: 更新日:

 元横綱が「こいつは凄いぞ。オレが面倒を見てやろう」と片手を引っ張れば、現横綱は「いやいや、これはウチの子だから」ともう一方の手を離さない。両腕をガッチリ掴まれた逸ノ城(21)の心境は――。

 昨年、鮮烈なデビューを果たした「モンゴルの怪物」逸ノ城。相撲の取り口に悩んでいる節はあるものの、いずれは大関、横綱になる逸材と誰もが認めている。

 そんな気鋭の後輩の取り合いをしているのが、新旧モンゴル人横綱だ。新入幕前、何かと目をかけていたのが白鵬(30)。192センチ、200キロというモンゴル人離れした体格に瞠目し、親しい関係者には「自分の現役中に横綱になれる」と漏らしていた。露骨に接触することはないにせよ、メディアを通じて「いかに逸ノ城が凄いか」をとうとうと語ってきた。

 ところが、逸ノ城の露出が多くなると、「アノ男」が目をつけた。元横綱の朝青龍(34)だ。誰もが閲覧できるツイッターで「こいつは横綱になる!」と発言。今では電話でアドバイスを送ることもあるというのだから、現役さながらの怒涛の攻めだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る