怪物・逸ノ城を“子分”にしようと 「新旧モンゴル横綱」が火花

公開日: 更新日:

 元横綱が「こいつは凄いぞ。オレが面倒を見てやろう」と片手を引っ張れば、現横綱は「いやいや、これはウチの子だから」ともう一方の手を離さない。両腕をガッチリ掴まれた逸ノ城(21)の心境は――。

 昨年、鮮烈なデビューを果たした「モンゴルの怪物」逸ノ城。相撲の取り口に悩んでいる節はあるものの、いずれは大関、横綱になる逸材と誰もが認めている。

 そんな気鋭の後輩の取り合いをしているのが、新旧モンゴル人横綱だ。新入幕前、何かと目をかけていたのが白鵬(30)。192センチ、200キロというモンゴル人離れした体格に瞠目し、親しい関係者には「自分の現役中に横綱になれる」と漏らしていた。露骨に接触することはないにせよ、メディアを通じて「いかに逸ノ城が凄いか」をとうとうと語ってきた。

 ところが、逸ノ城の露出が多くなると、「アノ男」が目をつけた。元横綱の朝青龍(34)だ。誰もが閲覧できるツイッターで「こいつは横綱になる!」と発言。今では電話でアドバイスを送ることもあるというのだから、現役さながらの怒涛の攻めだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る