金星から一夜でもう別人 逸ノ城は「試行錯誤」いつまで続く?

公開日: 更新日:

 大相撲春場所4日目、体重200キロの逸ノ城(21)が、横綱白鵬(30)に秒殺された。

 逸ノ城が一度つっかけたことも影響したのか、互いにそっと体を合わせただけのお嬢さまのような優しい立ち合い。逸ノ城は左上手を取ったものの、白鵬に前みつを取られるとロクな抵抗も出来ずに寄り切られた。前日の日馬富士戦では、鋭い立ち合いから激しい突き押しで金星を獲得したばかり。それが、たった一夜でまるで別人だ。

 いくら体格に恵まれていても、それを生かせないのでは意味がない。角界にはさまざまなスタイルの力士がいるが、逸ノ城が目指しているのはオーソドックスな「四つ相撲」だという。

「四つになるにも立ち合いで相手を受け止めてからなのか、3日目の突き押しのように前に出ながら相手を崩してまわしを取るのか、試行錯誤しているのだろう。でも、今日のような無気力にも見えかねない弱々しい立ち合いでは、どんな相撲を取ろうとしても話にならない」(角界OB)

 立ち合い“だけ”力を入れる稽古をしてきた逸ノ城だが、これではその効果も疑問。そもそも、立ち合いだけで決まる相撲なんてない。もう少し考えて稽古するべきではないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る