金星から一夜でもう別人 逸ノ城は「試行錯誤」いつまで続く?

公開日: 更新日:

 大相撲春場所4日目、体重200キロの逸ノ城(21)が、横綱白鵬(30)に秒殺された。

 逸ノ城が一度つっかけたことも影響したのか、互いにそっと体を合わせただけのお嬢さまのような優しい立ち合い。逸ノ城は左上手を取ったものの、白鵬に前みつを取られるとロクな抵抗も出来ずに寄り切られた。前日の日馬富士戦では、鋭い立ち合いから激しい突き押しで金星を獲得したばかり。それが、たった一夜でまるで別人だ。

 いくら体格に恵まれていても、それを生かせないのでは意味がない。角界にはさまざまなスタイルの力士がいるが、逸ノ城が目指しているのはオーソドックスな「四つ相撲」だという。

「四つになるにも立ち合いで相手を受け止めてからなのか、3日目の突き押しのように前に出ながら相手を崩してまわしを取るのか、試行錯誤しているのだろう。でも、今日のような無気力にも見えかねない弱々しい立ち合いでは、どんな相撲を取ろうとしても話にならない」(角界OB)

 立ち合い“だけ”力を入れる稽古をしてきた逸ノ城だが、これではその効果も疑問。そもそも、立ち合いだけで決まる相撲なんてない。もう少し考えて稽古するべきではないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  4. 4

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  8. 8

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  9. 9

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る