「朝青龍よりタチが悪い」 横綱白鵬に協会内からブーイング

公開日: 更新日:

 昭和の名横綱、大鵬が持つ歴代最多の優勝32回に王手をかけている横綱白鵬(29)。18日の10日目は関脇碧山を破って1敗をキープしたものの、九州場所で吹き荒れているのは称賛ではなく非難の嵐だ。

 発端となったのは白鵬が寄り切りで勝った8日目の照ノ富士戦。勝負がついた後、両者土俵下のたまり席に転落した。その直後、照ノ富士を後ろから両手で突き飛ばしたのだ。

 照ノ富士は前につんのめりながらも、片手をついて何とかこらえた。仮に転んで観客を巻き込もうものなら大惨事。「ダメ押し」という範疇ではない。しかし、白鵬は反省どころか、報道陣にこの行為について聞かれると「いいから!」と一喝したのだ。

 白鵬は取組後、しきりに目を気にしていた。照ノ富士の手が目に当たり、それで腹を立てたようだが、そんなことは相撲では珍しくないはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る